マーラー:交響曲第6番「悲劇的」

スヴェトラーノフ指揮NHK交響楽団(king,nhk)1999/2/11live・CD

やっと出てきたか、というスヴェトラN響のマーラーライヴである。一気に中期純管弦楽交響曲三曲が、収録時期はばらつくが発売されたということで、「当時の思い出を聴きたい向き」にはすすめられる。同じライヴではないが7番などTV放映もされているので、このシリーズの売れ行き次第で映像として発売されるかもしれない。またマーラーは90年代中盤の9番ライヴ(評論家の評判は悪かった)を嚆矢として日本では人気の演目であり、スヴェトラ自身も(バンスタを好んでいたという)当時一番力を入れていたと言っていい作曲家ゆえ、興味深く聴ける人はほかにもいるかもしれない。すでに全集化していたものはまさに最晩年様式というような、弛緩したテンポの薄味のものだったが、さらにその先にこのような生き生きとしたマーラーをやっていたわけである。ただ往年の粘り腰は無い。4楽章の一部を除きスヴェトラにしてはさらさらしてオーソドックスであり、テンポが速く、普通に聴きやすいのだが過度に期待すべきものではない。わかりやすくドラマティックな交響曲で形式的にも整っているから、慣れていない楽団や一期一会のコンサートには向いており、N響とスヴェトラの相性が良いといってもこれを聞く限り踏み外した棒にまでついていけるような感じはしないので(4楽章後半にはミスが目立つ)、「6番が最も良かった」という印象は「6番だから良かった」とするべきと思う。1楽章の提示部の繰り返しを行っているが、繰り返しに入るまでの序盤がじつに固い。かなり低カロリー。1楽章は旋律主体なのでそれを思いきりうたわせればなんとかなるものの、ここではそこまでの歌いこみはなく、ちょっと冷めている。中間楽章ではスケルツォがまとまっていて、リズミカルで聞きやすいが、この2,3楽章も「スヴェトラでなければならない」というものはない。4楽章、これが出来ていれば他の楽章はどうでもいいとまで言ってしまうが、このドラマの作り方はさすがに上手い。ロンド形式のように同じ楽想の緩急バリエーションを配置してうねらせていく交響詩、長い楽章はスヴェトラ本来の腕が生きてきて、シェフにより巧拙極端なN響がやっと本腰を入れたような技巧的なアンサンブルやソロを聴かせてくる・・・が前述のとおり後半で息切れ。弦がずれたりソロがとちったり、それでも難曲であることを感じさせずに終焉へ向かうのだが、気になる人は気になるだろう。スヴェトラの悲劇的としては正規録音より上かもしれないが、過度な期待は禁物。圧倒されてブラヴォが出ない、という聴衆反応でもなく、普通の拍手がさっさと入ってくる、そういうものだ。
スポンサーサイト

ハチャトゥリアン:ヴァイオリン協奏曲

ジョドリー(Vn)ミュンシュ指揮ORTF(ina)1954/6/19ストラスブール音楽祭live放送

ムラヴィンスキーの代役で振ったものでヘンデルの合奏協奏曲のあとに新古典主義ということで插入された演目だろう。メインはシューベルト7番(一番力が入っていたことはミュンシュの芸風柄言うまでもない)。ina配信ではPHD89036415というナンバーになる。ジョドリーのアンコールにバッハの無伴奏から1曲入るがとてもメロメロで重音が無音になったりする。まあヘンデルのソリスト、技巧的なハチャトゥリアンのソロのあとなので仕方ない。曲はこの作曲家らしく外しはしないが今ひとつ焦点の定まらない長ったらしさを感じさせ、やはりメカニカルな技術の披露が中心で、いかにも20世紀中盤的な尖鋭さとロマンチシズムの折衷性が民族的な要素の消化吸収によって示されているものの、個性的なものは感じない。スポーティな三楽章が聞きものか。ソリストはあまり強くないがこれを弾きこなす位には力量がある。ミュンシュはオシゴト的な感じがするが、オケがよく反応しハチャトゥリアンの仕掛けを上手にこなして、結果大ブラヴォの終演となる。急な代役としてはミュンシュというかオケが素晴らしい。面白いことに放送ナレーションは演奏後に説明を繰り広げていくスタイル。演奏日はAmazonデジタル配信を参照したが正確性には注意。

続きを読む

過去分聞きなおし;飛行機にて

帰路聴いたもの。リドルのRVW「野の花」衰えもあるがゆったりしたテンポ、ハーモニーの美しさは同曲の魅力をはっきり伝える。プリムローズ/サージェントのウォルトンのスタジオ録音、指が回ってない!フランチェスカッティのVnCライヴのが指が回る。PHILIPS正規録音。セッション録音なのに高音や細かい音がとれないのはヴァイオリンサイズに近いヴィオラでメリットを出したと言われるプリムローズらしくない。ウォルトンの書法の問題点はヴァイオリンでも同様にあるので、弦楽器理解の浅さはあるかもだが今は弾ける、一流どころなら皆んな…ルフェブールのラヴェル両手放送ヘタ、ニュアンスとかいろいろ!記憶よりスピードも遅い。オケ重。ブリテン鎮魂交響曲自演ライヴ地味。

ニコレ・アンリオ・シュヴァイツァーのミトロプーロスとのラヴェル両手ライヴが存外良い。乗りに乗っているとこうなるのか。しかしミトロプーロスがついてかない(弾き振りもできよう名手なのに)。木管ソロ等置いてけぼり。大ブラヴォ…

続きを読む

ガーシュイン:ラプソディ・イン・ブルー

○レヴァント(P)オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団(columbia/sony)CD

ツボを押さえた演奏、やっとレヴァントがガーシュインより上手いと言われた理由がわかった。これは板につきまくりで、オケもソリスト級の集まったオーマンディの黄金期フィラデルフィア管弦楽団だから何一つ不足がない(ソリストの音が太すぎるとか音程が正しく取れすぎて面白くない、というものならある)この相性の良さもあるのだろう。レヴァントに硬直したり疲れたりしたような、よたりとかミスもなく、しかしそれはどこに力を入れどこを抜くかを知り尽くしているからだ。技術的にすばらしく感じさせるが、スピードの上げ方や指の回し方が完璧に「ガーシュイン的」なのであり、けしてそれが「技巧的」ではないのは他の録音同様、曲がよくできているのはグローフェだからというのはともかく、古い録音でも推せる。

ガーシュイン:アイ・ガット・リズム変奏曲

レヴァント(P)M.グールド指揮ヒズ・オーケストラ(columbia/sony)CD

8枚組レヴァント集より。グールドとのセカンド・ラプソディは既出だがこれは聴いたことがない。レヴァントの志向が現代寄りなのか、モートン・グールドの手がかなり入っているのか、モダンな響き、流れが目立ち、ガーシュインらしからぬ中国風の響きなど、この曲名で呼ばれる「編曲」の幅広さを実感させる。早いパッセージはよいが、遅いとよたる感じがする。レヴァントにしても後期の録音だからか?モノラルなのだが、これはこのレヴァント集全般として、残響がうるさい。音のキレが悪くなり、テンポ感が悪いのかと感じさせるところもある(響きはキレイだけれど流れの作りかたは一本調子でうまくないイメージはあるが)。派手な終盤はカラフルで楽しく、しかし、これ、ガーシュインなのか?

ガーシュイン:ヘ調のピアノ協奏曲

レヴァント(P)コステラネッツ指揮NYP(columbia/sony)1948版・CD

これはコロムビア録音のレヴァント全集(8枚)収録のものだが初CD化か。レヴァントよりコステラネッツのしっかりクラシカルにうねる棒に分厚く応えるNYPが印象に残る。レヴァントは若干甘めの指なのはノリ、スピード(速い!)重視のスタンスによるもので、それはコステラネッツも同様、もっとも指揮の軋みがあるにせよオケには瑕疵は皆無だが、解釈自体ジャズ的な崩しやスウィングは全く入らず、いや、こんなにクラシカルな大編成では入れられないが、クラシカルな意味での予定調和的な崩しは面白く聞かせる。録音はセッションにしては良くないがこれでもレストアしていると思う。レヴァントのガーシュインとしてはトスカニーニとのライヴよりよほど楽しめる。相性は良かろう。

新譜情報;ラウタヴァーラ、レヴァントの未CD化選集

偏愛される北欧好きの方がいらっしゃるが、シベリウスとは似ても似つかぬ現代物です。私は苦手。>ラウタヴァーラ生誕90周年記念アルバム?交響曲第8番『旅』、ハープ協奏曲 セーゲルスタム&ヘルシンキ・フィル、ノールマン(+サンプラーCD) http://www.hmv.co.jp/product/detail/9117296… @lt_hmvから
posted at 12:16:59

CDまとめて届く。ガーシュイン以上にガーシュインがうまいと評されたレヴァントの記念盤、LPサイズのハードカバー…いらん…入ってるのは8枚だけ。sonyなのて格安でバラでは売れそうにない奇録音が集められており、聴きたいものは僅か。ドビュッシー好きだったぽい。 https://pic.twitter.com/uUK3vUX76u

バルトーク:ソナチネ

ディッタ・バルトーク(P)(VIBRATO)1944ブルックリン博物館live

大仰な打鍵から壊れかけのオルゴールのようなフランスの匂いもする美しい響き、まさにソナチネといった練習曲風の民族リズムの軽やかな動き、そのロンド的な交錯を楽しく聴いていく。こういうリズムは他所の人にはなかなか取りづらいのかもしれない。客観的に整えず、指の走るままにえんじる一方個性的な音響の羅列も目立ち、音数を詰め込まないバルトークにちょっとサティ的なものを感じることがあるが、この曲は音数は多いほうではあろう。録音が悪すぎてなかなかつらいが、冒頭の「ヴァイオリンとピアノのための第一ラプソディ」みたいな始まりは指が弱くよたる感じがするものの、その後はまずまずではないか。

バルトーク:田舎の午後

ディッタ・バルトーク(P)(VIBRATO)1944ブルックリン博物館live

民謡を使った民族的作風だがバルトーク的な異化作用により、少ない音と鐘の音のような響きのかもす孤独で空疎なぽっかりした空間が演出され、メロディアスとも言い難い瞑想的世界が展開されている。ディッタはやや平板か、曲のせいか。録音悪し。

バルトーク:第一ロンド

ディッタ・バルトーク(P)(VIBRATO)1944ブルックリン博物館live

音数が多くなく平易な、両端部は子供の音楽の様相をていするが、中間部の重音の民族的というより呪術的な響きや、最後近くの速弾きはさりげなく全体の雰囲気の中に沈潜させるのがなかなかたいへんそうで、でもディッタはすこぶる上手い。楽しく聴ける。破綻のない演奏。録音は悪い。

バルトーク:ピアノのための組曲

ディッタ・バルトーク(P)(VIBRATO)1944ブルックリン博物館live

バルトーク生前の演奏であり録音はきわめて悪いが特筆しておくべきものだろう。VIBRATOはバルビローリのオケコンの埋め合わせのようにこのコンサート記録を入れているが既にフンガロトンかどこかから出ていたかもしれない。奥さんの演奏だからといって、もちろんミクロコスモスは有名な録音だが、バルトークの意図したとおりにやっているかどうかはわからない。1曲目はバルトークの野蛮主義と世俗的な雰囲気のあいまった個人的に一番好きな曲だが、これは自作自演もあるが、なかなかエッジがきいていて小粒な迫力はある。ただ指がそれほど強いわけではなく、通して聴いているとあれっ、と思うところもあるし、専門ピアニストとしてはそれほど上手いとは言えないだろう。歴史的記録としてどうぞ。

バルトーク:管弦楽のための協奏曲

バルビローリ指揮ハンガリー放送管弦楽団(VIBRATO)録音日不明live

バルビローリのバルトーク?!と思ったが、ハレ管弦楽団とやたら色んなものを録音していた時期の記憶を呼び覚ますような演奏だ。バルトークの鋭さや純粋さはない。しかしこの曲においても歌心を感じさせる「横の動き」に関しては、まったく受け付けない向きもあるだろうが、バルビローリが日寄らずなんとか自分を入れ込もうとした記録としては、すくなくともバルビマニアにはアピールするところはあるだろう。オケはとても上手い。これが二流どころだと惨事になることが予想される解釈だがしっかり力感と緊張感を保っている。バルビは決して職人的技術に欠けていたわけではないので、この曲を振るのに不足はない。過度な個性も持ち込んでおらず、しかしながらバルトークとしてはスリリングな音のやりとりを楽しむことはできないが、トータルして標準的なレベルの演奏ではないか。モノラル悪録音で最晩年の記録ではないだろう。

オネゲル:喜びの歌

ミュンシュ指揮ボストン交響楽団(VIBRATO)1956/4/21live

これをミュンシュが録音で残していた記憶がなく、当然ディスコグラフィに載る正規音源でもないので数分の短い曲ながらこれだけのためにこの盤を入手した。ザッヒャーのものしか知らなかったが、ほぼ別の曲に聴こえて面白い。しかしそれならばもっと「夏の牧歌」のような美しい音楽にしてほしかったが、わりと錯綜する曲がそれを許さなかったか。中途半端な印象も否めない。ただ、これはアンコールなのでそんなものだろう。希少性のみ。

オネゲル:交響曲第3番「典礼風」

ミュンシュ指揮ボストン交響楽団(VIBRATO他)1956/4/21live

VIBRATOはこの日のプログラムを全部一枚にいれておりアンコールにオネゲルの「喜びの歌」を録れている。印象的にはDAで2種あったうちの単に1956年としていたものと同じだろう(もう一つは4月20日となっていたが21日という説が強い(個人的にはわざわざ別で出す必要もなく放送日との混乱なら早い日付のほうが演奏日のはずで疑問符)、だがもはや全部を比べる気力がない)。録音は良いモノラルで安定しており、ミュンシュも戦後勢いのあった一番引き締まった時期で聴いていて引き込まれる。特に1楽章が集中力高く、2楽章の牧歌的なフレーズあたりも眩くきれい。3楽章は私は少しダレたようにも感じたが、こんなものだったかもしれない、曲的に。

続きを読む

ミヨー:フランス組曲

プレートル指揮モンテ・カルロ・フィル(erato/icon)CD

小粒でキレもそれほどだが、世俗的な雰囲気は満点でスピーディーで少し猥雑な、南仏の田舎を夢見る…ベル・エポックのパリを夢見る…ミヨーの思いを汲み取った演奏になっている。本人の演奏より曲の意味を汲み取って表現したとまで言えるかもしれない。若々しい勢いはあるが、ただひとつだけ、一曲目などリズムのキレがもっとあると愉悦的な表現を深めることができたかもしれないが、そのぶん響きの華やかさは損なわれるのでこれがプレートルの慎ましやかさとして受け取るべきかもしれない。

M.グールド:管弦楽のためのスピリチュアルズ

ロジンスキ指揮NYP(SLS)1946/4/7カーネギーホールlive

アメリカで活動していたわりに多くない、アメリカの現代作曲家作品の記録になる。ついこないだまでご健在だったモートン・グールドはアメリカの作曲家としてジャズからコープランドからそれらしい要素は全部取り込んで、でも、同時代作品同様わかりにくさを混ぜているから、たくさん書いてはいるけれども演奏機会は今や多くない。筋肉の塊をして鋭くキリキリ締め上げるロジンスキスタイルは、ここでは楽天的な旋律やリズムのもつ娯楽性が削ぎ落とされてしまい、モノトーンの律動としてただ激しさのみ伝わる。曲も職人的で名作とは言い難いが、録音が悪すぎて、そのせいでピンとこない可能性もある。最後は珍しくロジンスキの力み声がきこえ、盛大な拍手が湧き起こるから、やはり録音のせいか。

ワグナー:歌劇「タンホイザー」?三幕への前奏曲

シリングス指揮ベルリン国立歌劇場管弦楽団(folge)CD

素朴な録音、それに沿った演奏で普通の聴き方のできるものではないが、緩さというかきっちり揃えて音楽を聞かせていくのではなく、横に流れる感じがするのはこの曲だけではない。SPにそのてのものが多いゆえたまたまタイミングが悪かったともとれるが、シリングスの他のワグナーを聴く限り弟子格のフルヴェン先生には及ばぬ小物感はある。ただし響きがしっかり組み立てられており盤石の安定感があるところはドイツ的と言おうか、慣れた感じでもある。これを取り出して演奏するのも珍しい。クレンペラーにあるようだ。

【新譜情報】ガウク、グラズノフ

※twitter引用記事なのでリンクは切れていることがあります

実にマニアックな曲ばかりでさすがに躊躇。データ対照がなく初出判然としないが書きぶりやざっと見からbrilliantとyedangのCDを再発しただけか。「魔法使いの弟子」はLPしか聴いてないが前者にあったか>アレクサンドル・ガウク?ライヴ・レコーディングズ(22CD) http://www.hmv.co.jp/product/detail/9081977… @lt_hmvから

posted at 12:48:03

最高のグラズノフ全集だが(スヴェトラはソ連衰退期の一発録りで荒い)交響曲だけなら邦盤があり図書館によくある>交響曲全集、協奏曲全集、管弦楽曲集 ホセ・セレブリエール&スコティッシュ・ナショナル管弦楽団、ロシア・ナショナル管弦楽団、ロマノフスキー、他(8CD) http://www.hmv.co.jp/product/detail/8935501…

posted at 12:52:45

コープランド:歌劇「入札地」組曲

作曲家指揮フィラデルフィア管弦楽団、ポツダム合唱団(SLS)1976/8/5live

編成に合唱さえ入らなければ代表作に名を連ねられたかもしれない名作で、3曲を効果的な配置で並べ少し陰のある中間楽章を挟んでからのラストは輝かしく、ヴォーン・ウィリアムズのように終わる。コープランドなので創意ある終わり方はするが、もう、円熟した腕はRVWのそれを凌駕すると言っていいかもしれない。この曲は自作自演が比較的多く映像も既に書いているのでこれ以上かかないが、オケがフィラデルフィア管弦楽団という分厚いところを使っているのが大きな違いであり、技術面も含め迫力は勝る。合唱団も素晴らしい。盛大な拍手で終わる。

コープランド:リンカーンの肖像

マリアン・アンダーソン(ナレーション)作曲家指揮フィラデルフィア管弦楽団(SLS)1976/8/5live

SLS「にしては」音が良い。ステレオ。アメリカ人じゃないので語りはピンとこないが、音楽はコープランド炸裂、ジ・アメリカ。オケが芳醇な響きを誇るフィラ管であるところがまた良い。コープランドの無駄のない書法はしばしば骨ばったカスカスな演奏をもたらすが、このオケはそんなことはしない。骨の間に肉が詰まっている。技術的な心配もないし、次の入札地より録音もいいから、この曲が好きならおすすめする。コープランドの指揮に欠けているものを持ったオケだ。一昔前のハリウッド映画はこんな音楽だった。
プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード