スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラヴェル:歌曲集「シェヘラザード」

○コラッシ(msp)アンゲルブレシュト指揮パリ放送交響楽団(INA)1956/9/21live・LP

長い第一曲など中期ドビュッシー風のロマンティシズムをはらむ曲(本来ソプラノ)だが、極めて精緻な管弦楽構成で繊細な響きを紡ぎ出していくあたり確固として歌曲伴奏でありながらも抽象音楽であるかのような充実ぶりに瞠目させられる。アンゲルブレシュトは往年のフランスオケらしい「前時代的な」音はそのままに、しかしそれぞれの声部間に常に一定の距離を持たせ、室内アンサンブル的な極度の歩み寄りを避けさせることにより空気の通るような大きな音響空間を形作っており、結果ソリストを邪魔することなく包み込むような音楽を作り出している。このやり方でこうまとめられるのは並ではない。やや音場の狭いステレオ録音だが明晰で、それゆえ独唱に感傷性が無く普通に巧いだけ、という印象になってしまうのは現代のデジタル録音同様の問題。

ふつふつと湧き上がるような感動を呼び覚ます演奏で◎にしたいが、ライヴなりの音質も含め○か。INA音源で一応プライヴェート盤扱いの、ライヴ録音を集めた元廉価LP。流通数は多いのに稀少扱いされている(つまり中古市場では高い)。
スポンサーサイト

tag : アンゲルブレシュト

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。