スヴェンセン:ノルウェー民謡のメロディ

ゴロワノフ指揮ソヴィエト国立放送交響楽団(CCCP)LP

ゴロワノフのグリーグは幾度となくLPにもCDにもなっており、この曲はペールギュント1組EPセットのおまけについていた。CD廉価外盤再発時に収録されている可能性もあるが、とにかくちょっと音が篭り気味で聞きにくいばかりか、曲も非常に暗い民謡の連環からなっている。どこかで聞いたような旋律・・・日本民謡というより、ちょっと前の有名作曲家の旋律に似ている気がするのは私だけでしょうか・・・非常に聞き馴染みのある、何か薄暗くも人好きする旋律がひたすら中低音域で繰り返されるだけで、ゴロワノフの意外と荘重で、まるで追悼曲でもやっているかのような感じには不思議な感傷をおぼえた。短く、演奏うんぬん言えるような曲でもなく、録音も悪いし個性もない。無印。ちょっとジークフリートの葬送行進曲を思い浮かべたが物凄く気のせいだ。それにしても弦の音がアマチュアっぽいのはほんとに録音のせいなのだろうか、自信がなくなってきた。
スポンサーサイト

tag : ゴロワノフ

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード