スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プフィツナー:交響曲第2番

ベーム指揮ザクセン国立歌劇場管弦楽団(ZYX MUSIC他)1940初出(1938?)・CD

循環形式というのはあざとい。そりゃ忘れた頃の「王の帰還」で感動しないほうがおかしい。この3楽章制交響曲のあざといところは晦渋なブラームス志向の音楽でありながらも構成は思いっきりフランクなところで、両端部を飾るワグナー的な響きの旋律そのものがフランクに聴こえる。そう思って聴きなおすと半音階的な進行や終盤の和声もフランクのシンフォニーからの剽窃に聴こえてくる。それでもなおこの曲に価値があるとすれば、その手ごろな「短さ」にある。ベームは同時代者として、プフィツナーの「言わんとするところ」をよく理解している様子だ。ともするとぶよぶよした演奏になる可能性があるこの曲を、スリムに引き締め、厳しく弾かせている。晦渋な2楽章から3楽章循環主題の提示前まで、頭でっかちの構造偏重ぶりが伺えるところ、これをきちんとまとまった音楽として聴かせられるだけでも既に腕のある指揮者であったことがわかる。軍隊のような演奏。録音は極めて悪いものの、○をつけるのはそういった理由による。

・・・このブログは何度でも同じ音源を取り上げます。その時々で見方が変わるからです。旧評はサイトかまとめブログを参照してください。無邪気に褒めてます。
スポンサーサイト

tag : ベーム

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。