スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェン:交響曲第7番

セル指揮クリーヴランド管弦楽団(DA)1968/2/7ボストンlive 放送

同日のプログラム5曲が二枚組に収録されているが、録音状態が異なりアナウンサーも変わったりするので別の音源から取ったものを寄せ集めたか。いずれもステレオではあるものの、ベートーヴェンについては状態が劣り、始めのほうはアナウンスからして心許なく、最後のほうは僅かに音飛びしているようだ。演奏も始めは客観性が強く、スピードも一定して遅く、響きは拡散的で迫力に欠ける。オケのキレの悪さは舞踏の神化と呼ばれた同曲には致命的だ。セルの非正規ライヴ音源には時々こういう覇気の無いものがある(最初のトラックのウォルトンのパルティータについてもセルにしては弦のキレがなく、やる気が少なく感じた)。遅いインテンポは変わらないが三楽章になるとブラスと太鼓で派手な響きを打ち出し、アンサンブルの緊密さで激烈さを演出するのではなくサウンドとしてムリクリ激烈さを出している。この楽章はそれでも緩徐部があり爽やかな響きが耳を休ませるので良いが、四楽章はそのスタイルのままただ拡散的に音を轟かせて、客観的な視点からいかにもわかりやすさを演出しており(トスカニーニの新即物主義とは根本的に違う)、確かにブラヴォでおわるのだが、ボストン交響楽団にはないものを持っているのはわかるが、この流儀の演奏としてはお仕事感が強かった。
スポンサーサイト

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」

ロジンスキ指揮トリノ放送交響楽団他(SLS)1956/2/2

フルトヴェングラーを想起させられざるを得ないが緩急の付け方が非常に滑らかで恣意的な表現が気にならない。ザッツが揃わながち、いつものロジンスキとくらべオケの統制がゆるい感じもするものの、このオケだから良い方。揺れない(僅かに前へ流れる)テンポに対し急進部の強靱でリズミカルな表現や緩徐部にあらわれる歌心には惹かれるものがある。雑味があったとしても弦楽セクションは褒められて然るべきだろう(三楽章一箇所ポルタメントはこのオケらしいなと苦笑)。木管の音色も美しい。冒頭からブラスがトチる性急な四楽章には賛否あろうがここでも弦楽の歌心が際立って私は好き。緊密なアンサンブルも楽しめる。歌唱もロジンスキ流にのっており違和感はない。終盤の合唱は力強く偉大にひびく。毅然とした、がっちり組み上がったスケールの大きい演奏を好む向きには甘く思われるかもしれない。それを考慮したうえでも飽きさせない解釈ぶりには引き込まれるものがあった。録音はSLSクオリティでノイズが酷い(ロジンスキライヴ録音クオリティとも言える)。

ベートーヴェン:レオノーレ序曲第3番

モントゥ指揮BPO(TOE他)1960/10/7live

野太い音だなー、このオケはやっぱり特別だな、と思わせる録音で、モントゥーとも相性が良いらしい。ほつれの一切ないアンサンブル、全パート見事な技術、そしていづれも個性的な野太い音。楽曲的に小フルトヴェングラーといった印象は否めないが、筋肉質で引き締まった演奏ぶりはモントゥーのプロフェッショナルな統率力があらわれたものとして特筆できる一夜の、前プロがこれになります。

ベートーヴェン:交響曲第7番

○スヴェトラーノフ指揮ソヴィエト国立交響楽団(放送)1970年代/4/6ブダペストlive

強奏部になるとぶっ放し音が鳴り響き、合奏ではブラスが突出する、しかし弱音のやり取りはなかなかバランス良くビシッとアンサンブルを決めてくる。ブラームス的なベートーヴェンで、後期ロマン派として聴けば非常に納得感のある演奏。最盛期ソビ響の激烈アンサンブルは当然四楽章でハデハデに炸裂するので安心だ。○。

ベートーヴェン:交響曲第1番

○ゴロワノフ指揮モスクワ放送管弦楽団(melodiya他)1948

CD化されていたと思うのだが今検索すると出てこない。動画共有サイトなどで聴くことができる。演奏は後期ベトの様式で大管弦楽を鳴らしまくるもので、楽章間の対比が激しく、速い楽章でのバラケっぷりと激烈さはシェルヘンルガーノを思い浮かべる。静かな楽章が余りぱっとしないが、両端楽章を楽しもう。○。

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付」

◯エリアスベルク指揮レニングラード交響楽団、グリンカ教会合唱団、アンドルシェヴィチ、ティクニュス他(放送) 1974/12/10live

大変引き締まった演奏で、二楽章が素晴らしい。オケはウィーン交響楽団みたいなものでかなり問題はあるのだが、エリアスベルクの気合が曲をしっかり芯の通ったものに仕立てている。四楽章冒頭の弱々しさが気になった他は私は文句が無い。第九にふさわしい名演。合唱も覇気に満ちているがソリストは私には力不足でよくわからないすいません。

ベートーヴェン:交響曲第9番~Ⅰ抜粋

◯エリアスベルク指揮レニングラード交響楽団(ペテルブルグ放送)1963?

冒頭から二箇所アナウンスを重ねてのごく一部の抜粋のため評はできない。しっかりした勢いのある演奏のようだ。全曲は1974/12/10のライヴがネット配信されていた。

ベートーヴェン交響曲第1番

○ヒンデミット指揮スウェーデン放送交響楽団(andromedia)1955live・CD

アグレッシブで重めの響きがかっこいい。いかにもヒンデミットの指揮といった様相を呈しており凄く個性的であるとか即物的であるといったことはなく、普通のロマン派音楽の演奏として楽しめる。○。

ベートーヴェン:交響曲第1番

○ヒンデミット指揮スウェーデン放送交響楽団(ANDROMEDIA)1955ストックホルム・CD

オルフェオ(再CD化)のボーナストラックとしてCD化された放送音源。記念盤としてLP化はしていた気がする。やや音は悪い。篭っていて、オルフェオ同様エアチェックかもしれない。ヒンデミットの指揮は重く、とくに中間楽章は引きずるようにすら感じる。ロマン派として同曲をとらえているのだ。しかしロマンティックではない。きっちりかつ滑らかに職人的にさばいたふうで、奇をてらうことも派手に見せ付けるようなこともしない。抽象化の程あいがよく、とても聴きやすい1番だ。どうもクレンペラーあたりの伝説に起因する謗りが吹聴されることが多い指揮者ヒンデミットだが、ああいう曲が書ける才人が下手なわけがないのである。じじつ、ブラヴォが飛ぶ。○。

ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」

○バルビローリ指揮ウィーン交響楽団(aulide:CD-R)1969live

意外とNYP時代を思わせるしっかりした演奏で、音符もキレており、VSOもドイツ風の重量感を示している。バルビらしさは確かにテンポルバートのケレン味にあらわれてはいるのだが、殆ど違和感なく、そして殆どルバートとも感知されない。意外なほど正統的な演奏を目して成功しているのである。NYP時代を思わせる、というと2楽章や4楽章第一旋律の恣意性の感じられる揺れが、旋律の大幅な揺れというよりフレージング処理の範疇におさまり、とくに4楽章のほうは意図的に遅くとることで、ただコケオドシの見得を切るのではなく、計算されたバランスをとろうとしていることが読み取れる。この人のベトでは成功したものと言えよう。ただ、録音最悪。

ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」

○トスカニーニ指揮NBC交響楽団(LIRA PANAMERICANA/PASC)1944/4/18カーネギーホールlive放送

PRISTINEの配信データによればトスカニーニの運命の中でもレアにして最高の演奏ということだが、プライベート盤LPからの板起こしであることもあり状態は悪く、音量的に平板で迫力が損なわれているように感じる。トスカニーニのベートーベンといえば運命や七番など疾駆する爽快さと怒涛の力強さが売り物で、NBCなら音にも特色はない。直球だからそうそう差が出るものでもなく、また凝縮されすぎて少々スケールが小さく感じる点どれも同じ。楽しいがマニア向け。○。

続きを読む

ベートーヴェン:交響曲第9番

クレンペラー指揮ニュー・フィルハーモニアO、ジャネット・ベイカー、シルレイほか(CD-R)1970年ライヴ1970年チクルスの記録とされている怪しいCD-R全集の一部。実に優美で壮大な世界が構築されており、この超低速に殆ど乱れることなくアンサンブルを続けるオケの高潔な響きも出色です。個人的には2楽章が気に入っています。最晩年のクレンペラーの貴重な実演記録ですが、結構柔和な表情が意外でした。恐らく放送をそのまま録音したとおぼしきモノラル録音です。年代がら映像も残っているかも。計80分以上。,

ベートーヴェン:交響曲第9番

○ガウク指揮ソヴィエト国立放送交響楽団他(MELODIYA他)1960':LP(CD化?)オケ名は疑問有り。恐らくソビ響だと思う。録音状態も私の盤面も惨いのでちょっと評価しづらいところがあるが、野趣溢れる演奏と言える。といいつつ私はどうもこのガウクやサモスードやハイキンのいわゆるいにしえのロシア大指揮者たちの芸風を掴みかねている。確かにロシアのオケや歌唱にはつねに素朴・強引・技量の高さの三点が揃っているから「野趣溢れる演奏」とは言えるのだが、それは指揮者のものではない。ゴロワノフは関係無い変な位置にいるから放っておくとして、この三名の演奏で「これは絶対この人!!」というものを私は知らないのだ。そういう点からするとムラヴィンスキーは凄かったわけで、ロシアでは逆に極めて個性派だったと言える。ガウクの演奏はハッキリ言えば「大味」であり、それは大曲になるにつれ際立ってくる。だがしかし。この「第九」は必ずしも大味とは言い難い。我々はフルトヴェングラーを初めとする異様な演奏を知ってしまっているのでガウクのこれに新味は薄いのだが、声部間のバランスがとても良いのだ。モノラルだが音場は広い感がある。迫り来る気合いのカタマリのような弦、頂点にて偉大な光彩を放つ分厚いブラスのバランスが野暮なガウクというイメージからは「多少」離れた安定感をもたらしている。設計はやや単調。奇をてらうところが微塵も無いのが意外といえば意外だ。いつものバラケも殆ど無い。音色にやや幅があるかなといったぐらいだ。あと忘れてはならない、この演奏、終楽章の歌唱・合唱は全てロシア語で行われている!そこが異様。その独自性を評して私は○をつけたと言っていい。ロシア語馴れしていない者にとっては何か昔のラテン語か何かを聴くような、これはこれで面白いカツゼツの妙を感じる。奇盤好きは必聴だ。録音の問題は看過できないところもある。終楽章がとくに編成が大きいせいか遠く引いてしまい平板に聞こえる。またとくに一個所かなりハッキリした編集痕が聞かれるところがあり、びっくりする。声部ごとの微妙な調整はいいのだが、完全に音色や雑音、バランスが変わっているところがあるのだ。マイクを違う位置に複数立てて、この中途半端な箇所でいきなり切り替えたように感じたのだが如何なものなのだろうか。最後の残響をブチっと断ち切ってギリギリLP半面に納められている1-2楽章も気になった。これは復刻されることがあれば恐らく修正されるものだと思うので、その時まで待ちましょう。3楽章に言及せねば。この演奏、各楽章いずれもイマイチクライマックスの盛り上げが足りないのだが(ダイナミックレンジの異様に狭い録音のせいかも)3楽章はいちばんイマイチ。もっともっと歌うべきだ、ガウクともあろうものが。とても古風で普通の楽曲に聞こえた。私にとってこの楽章の指標にはワルターがあるのでひときわそう感じたのかもしれない。ワルターはやりすぎだけれども。そんなところか。正直期待外れな感もあるが○ひとつつけておく。,

ベートーヴェン:交響曲第7番

ロジンスキ指揮ニューヨーク・フィル(ASdisc)1946/1/6liveベト7の聴きどころといったら勿論終楽章、”舞踏の神化”といわれた楽章だろう。なめらかで気持ちの良いデュナーミクにのせてロジンスキは筋肉質な演奏をくりひろげる。ニューヨーク・フィルはやや音が薄いが(録音のせいでもあろう)よく統率されている。3楽章プレストも面白い。いや、終楽章よりこちらのほうが聞き物かもしれない。弦楽器のめざましいアンサンブルが心地よく耳を揺らす。ロジンスキの古典曲演奏については全く知らないが、ベートーヴェンの奇数交響曲はその芸風にあっているのかもしれない。ただ、「ベートーヴェンらしさ」は希薄かも。気風の高さ、気高さが感じられない。ロジンスキはやはりロマン派の人だ。,

ベートーヴェン:交響曲第7番

クレンペラー指揮北ドイツ放送交響楽団(music&arts)1955/9/28liveクーセヴィツキーなどとは全く異なる異星人。重々しいテンポ、決然とした表現、要所で響くティンパニの重い破音。スピードもないし、ドイツ的かといえばそうでもない。ベートーヴェンを解体し、クレンペラー式の重々しい曲に仕上げている。クレンペラーのベト7は他にもあるが、みな同じ印象をあたえる。この曲ではやや客観にすぎるきらいもあるが、クレンペラー独特の世界ではあり、こういうものが聴きたくなるときもある。スケール感だけはばかでかい。これは特筆すべきことだろう。あと、非常に格調が高い。これは管や打を弦と同等もしくはそれ以上に響かせる事によって音に奥深さをあたえ、聴感を古典曲にも似たものに仕上げている事にも起因しているだろう。面白いが好みはわかれそうだ。,

ベートーヴェン:交響曲第7番

○クーセヴィツキー指揮ボストン交響楽団(ASdisc)1944/1/8liveクーセヴィツキーは古典曲に対してはけっこう客観的で常識的な演奏を行うようだ。「あー、スタンダードだなー」というのが第一聴象。ちゃんと「ベートーヴェン」を演じている。適度に熱した演奏にも関わらず非常に格調高く、踏み外した場面というのはほとんど無い。水際立った指揮ぶりが胸のすくような終楽章に傾聴。ボストンの弦楽セクションは強力だ。スピード感を失わずに最後まで見事に弾き切っている。,

ベートーヴェン:交響曲第7番

○オッテルロー指揮ウィーン祝祭管弦楽団(concert hall)LP迫力有る演奏・録音(ステレオ初期)で圧倒される。立派な演奏だ。オケの機能性と音色美が際立っており、力強い音に忘我で聞き込んでしまう。長らく聞いてなかった曲だがこの盤を聞いただけで曲の全てを思い出した。名曲だ、ベートーヴェン嫌いの私が言うのだから間違い無い。1楽章冒頭をはじめとしてモーツアルトの時代に立ち返ったような白い音楽がベースにあるのだが、ベートーヴェンらしい強奏表現、和音の重さ、リズムの微妙なずらし、旋律における強いロマン性がちょっとモザイク的に折り混ざるさまが至極楽しめた。無論オッテルローの表現が素晴らしいせいもある。終楽章はもうちょっとトスカニーニ的なところが欲しかったが、1~3楽章は解釈が板についていて、しかも部分的にはちょっと現代的な表現というかエキセントリックな部分も無きにしもあらずで楽しい。ちょっと意外にいい演奏でした。オッテルローはウィーンと相性がいいのだろうか。ステレオ録音の醍醐味を感じられます。○。,

ベートーヴェン:交響曲第7番

○C.クライバー指揮バイエルン放送交響楽団(MEMORIES)1999/2/20ヴァレンシアLIVE・CD生命力に満ちた終楽章などこのあと事実上の引退を迎えてしまう指揮者のものにしては余りに激しく余りにカッコ良すぎる。バッカスの饗宴そのものの乱痴気騒ぎでいながら一種別格の気高い気風があらわれているのはこの名手ならではの味か。終演後の凄まじいブラヴォも納得のとんでもない名演の登場である。ここではバイエルンの渋い音が硬派な雰囲気をかもし、重量感のある表現を加えて一味を示している。ところで私はこの曲は終楽章以外は苦手である。ふつうベートーヴェンファンに言わせるとこの終楽章が余りに浅薄で聴く気にならないとかいうものだそうだが、私は運命、第九しか聞かない浅薄人間なだけにその浅薄な4楽章にのみ魅力を感じる。それはこのクライバー盤でもやはりそうだった。ベートーヴェンと聴いて予想できる範囲内の音楽、と言ってしまったら言い過ぎかもしれないが、私にとって3楽章まではそういう音楽にすぎないのである。そこで他人の手を借りて3楽章までを評すると、「柔軟な音楽作りは相変わらずでしっとりとした情緒など絶品」。とりあえず○をつけておくが、◎とする人がいてもおかしくはない。モノラルであるのがほんと信じられない。ちなみにメモリーズはクライバーの死にさいしていくつかのライブを再版した。この盤もそのひとつ。ちなみにCDーR盤とは重複しているので注意(私は思いっきり引っかかっていくつか重複買いしてしもた)。(2004/9記),

ベートーヴェン:交響曲第5番

ガウク指揮ソヴィエト国立放送交響楽団(YEDANG)1957/1/23LIVEこれはアマオケの演奏か?と言うくらいバラバラの弦に脱力。でも演奏自体は熱い。ライヴでこの時代のソヴィエトの録音であることからして総合的な完成度の低さには仕方ないところもあろう。強い意志がオケに行き渡らず、縦すら揃わない乱雑さ、ガウクのこれも芸風と言っていいだろうが、弟子ムラヴィンスキーとの落差は凄い。まあ、ライヴですから。「スーパー・チューブ・サウンド」、残響が多すぎてうざい。もっと生々しさが欲しかった。無印。,

ベートーヴェン:交響曲第5番

◎ロジンスキ指揮ニューヨーク・フィル(HISTORY)1945LIVEびっくりした。無茶苦茶引き締まった演奏で、ロジンスキの気迫にたじたじ。この終楽章の高揚感は並ではない。ベートーヴェンもびっくりの激烈演奏、シェルヒェンもたじたじ。苛烈な指示で知られたロジンスキだが、チェリビダッケのようなかけ声がびしびしと入っていてこれがまた耳に心地良い。どこにも抜けたところのない完璧なライヴ。録音は悪いがロジンスキの真価を問う演奏、ぜひ一度。,

ベートーヴェン:交響曲第5番

○フリッチャイ指揮ベルリン放送交響楽団(TOE:CD-R)1961/9/10LIVEフリッチャイのラスト・ライヴだそうである。だがこの演奏に蝋燭の最後の輝きは見られない。まだ成長し続けているフリッチャイの個性が孤独に輝いている、そのさまだけが悪い音の奥に垣間見える。惜しいひと・・・。非常に遅いが確信に満ちた重い歩みはコトバ面だけだとクレンペラーを想起させるかもしれないが、その音に漲る熱いものはやはりフルヴェンに近い。ワルターではないがまるで音楽という神につかえる司祭のように、自分の信念を貫き通そうとする芸術家の姿がある。ライナー?にもあるけれどフリッチャイのこの演奏はけっこうゲテモノというか、奇妙である。声部間のバランスがおかしいし、テンポもどこかぎくしゃくしている。それが解釈だったのか、病によるものだったのか、今となっては詮索するほうが野暮というものだが、フリッチャイ・ファンなら聴いておいて損はないだろう。フリッチャイ・ファンでなかったら、正直聞いてもフーンくらいしか感じないかもしれない。でも、終演後の聴衆の熱狂は、これがただの凡人の演奏ではないことを物語っている。オマケして○。,

ベートーヴェン:交響曲第5番

○クーセヴィツキー指揮ボストン交響楽団(ASdisc)1946/3/2LIVE・CD割合とオーソドックスでまじめ、音も引き締まってドイツっぽさすら表れている。そのぶん個性が薄い気がするのも確かで、ロジンスキほどの激しさも持ち合わせていないから、録音の悪さを考えると余り魅力の無い盤と言わざるをえない。ただ、1楽章をかなりいじっており、びっくりするような改変(だと思う)が聞かれる。そこをひとつの個性、魅力と感じて聴くぶんには十分面白く、パキパキ決まるリズム表現と併せていったんノったら最後まで聞きとおせるだろう。一応○をつけておきます。,

ベートーヴェン:交響曲第7番

○メンゲルベルク指揮ACO(PHILIPS/ANDROMEDIA他)1940/4/25live・CD

何故かしっくりこない演奏が多い気がする。粗いとはいえこの古典的名演は光っている。ワルターほどの激烈なテンションはないしストコほど変な解釈もないけど、トスカニーニやクライバーの一種即物的な軽さが無い、ベトとしての重量感を音響に保ったうえでハメを外さない絶妙なリズム感が、嗚呼この曲ってこうだよね、と思い出させてくれる。余りに有名ゆえに正統でない演奏が正統になってしまったというか・・・メンゲルベルクが正統とはスコア上決して言えないにせよ伝統的と感じられる。緩徐楽章は無難だが、リズム楽章は素晴らしい。ANDROMEDIAはいじりすぎ。○。

ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」

○メンゲルベルク指揮ACO(PHILIPS/ANDROMEDIA他)1940/4/18live・CD

デュナーミク変化が細かいだけでテンポは速めストレートの直球だ。ロマンティックな演奏ではありそれは音色変化にうかがえるが、当時のACOならではのものか。冒頭アンサンブルが乱れる。その後は気にならない。音がよければもっとアピールしたであろう娯楽性を秘めているが、基本的にベートーヴェンという構造をしっかり維持しつつのものである。それにしても裏拍からのメロディを持つ曲なんて作曲当時は異例だったろう。舞踏性を高め曲に変化をもたらすとともにひときわ注意させて引き締める効果もある。ただ、この「運命の主題」を後世の人がオマージュするさいは音のみそのままで、リズムは必ず表拍からに改変されるんだよなあ。じっさいメロディが裏拍からはじまり机上計算的に対位旋律と絡み進行していく理性の音楽を嫌ったり不得意とする指揮者は非ドイツ圏にままいて、バンスタあたりも余り巧くはなかったというか「そう聞こえていた」んだろうなあ。リマスターでも限界あり、ANDROMEDIAは残響付けすぎ雑音除きすぎ。○。

ベートーヴェン:交響曲第7番

○シェルヒェン指揮スイス・イタリア語放送ルガーノ放送管弦楽団(ARIOSO,PLATZ他)1965/3/19live・CD


初出時にはそのとち狂った速さとテンションと雑さと吼え声でマニアをあっと驚かせたシェルヒェン最晩年のルガーノライヴで、ウェストミンスターの素っ気無い大量録音指揮者シェルヒェンのイメージを一変させ、後支持者をやたらと増やすことになったべト全である。骨董ライヴCD販売におけるエポックメイキングな盤群でもあり、マイナーレーベルの日本盤発売を待てないという(私も含む)マニアに対し、バブル崩壊時満を持してあらわれた外資レコードショップの日本進出という現象とシンクロしてもいた。このあたりから神経質な日本のマニアの世界でも音盤における演奏瑕疵があるていど許されるようになり、却って面白いライヴや戦前録音がたくさん出回るようになった。思えば骨董CD黄金期でもあった。


これはシェルヒェンでは唯一と思われるステレオ優秀録音によるライヴ録音集でもあり、他の悪音のものに比べても価値は高い。当初日本盤の分売であったが現在ARIOSOから廉価ボックス化している。この曲あたりが一番シェルヒェンライヴらしさがあらわれており、まずとにかく異常なスピード、必死についていくハイテンション二流オケ、それでも縦をびしっと揃えようというドイツっぽい整え方、その鋭い音符のキレ、芸風的に緩徐楽章が面白くないことを除けばこのハイテンション交響曲にはうってつけ。終演後も大拍手が入る。惜しいのだ、緩徐楽章をもっとデロデロにしてコントラストをつければ・・・いやドライな分析家のシェルヒェンにべトでそれはないだろう。○。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

TREview『音楽・映画・テレビ』ブログランキング


これはPLATZ再発盤。全集もあるがえらく高い。外盤はライナーが無い(ARIOSOは録音日すら記載がない)ので注意。
ヘルマン・シェルヘン ベートーヴェン交響曲
ルガノ放送管弦楽団
プラッツ

このアイテムの詳細を見る

(参考)ウェストミンスターのスタジオ盤はこちら。ウィーン国立歌劇場管弦楽団。
ベートーヴェン:交響曲6&7番
ウィーン国立歌劇場管弦楽団
MCAビクター

このアイテムの詳細を見る

続きを読む

ベートーヴェン:交響曲第7番

○クレンペラー指揮フィラデルフィア管弦楽団(DA:CD-R)1962/11/3live

フィラ管とのベートーヴェンはライヴ記録がいくつか残っており、いずれも精度より力づく、というクレンペラーらしさが他のフィラ管指揮者と違う演奏をひね出しており面白い。とにかく洒脱さ流麗さは皆無で、音の重さが違うしリズムの重さが違うし、ただでさえ物凄いフィラ馬力がすべて縦の方向に地面を踏み鳴らすために使役されている。さすがに終楽章の遅さは如何ともしがたくちっとも前に向かわない演奏、音符間の空疎さに違和感しきりだが、録音の悪さが迫力を増している側面もあり飽きることは無い。ほんとうに独特で、ある意味クレンペラーのべト7の究極進化形とも言えるかもしれない。華麗なフィラ管にここまでドイツ臭く雑味の濃い音はクレンペラーにしか出せない。この遅さ重さにもかかわらず大ブラヴォで終了。○。

クレンペラーのべト7についてはこちら

ベートーヴェン:交響曲第7番

○クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団(EMI)1955/10,12・CD


旧録だがそれほど間があいていないので演奏スタイルに差はない。レッグのフィルハーモニアとはいえイギリスオケにスタジオ録音というシチュエーションだと客観的に冷めてしまう場面がどうしても気にはなり、リズムの強調や峻厳な音符の切り方などいかにもクレンペラーなのだが、曲指揮者ともに持ち合わせるデモーニッシュな一面がまったく浮き立ってこず美しいだけの演奏になってしまうきらいがある。つまらないと言ったほうがいいところもあるのだ。スピードは後年の遅いスタイルとは違いそれなりに維持されるが、同年代のライヴに比べると遅い気はする。モノラル末期の優秀録音盤とステレオ初期の実験録音盤がともにCD化されているが、後者であってもそれほど音質劣化やバランスの悪さは気にならない。ステレオ初期によくみられた各マイク間の断裂が感じられることは感じられるが慣れればそれほどでもない。○。

1955モノラル正規盤
Symphony 5 & 7
Beethoven,Klemperer,Philharmonia Orchestra
EMI Classics

このアイテムの詳細を見る

ステレオ実験盤
Beethoven: Symphony No. 7; Prometheus Overture

EMI

このアイテムの詳細を見る

その他クレンペラーの7番について

続きを読む

ベートーヴェン:交響曲第7番

○クレンペラー指揮ACO(archiphon:CD-R/MEMORIES)1951/4/26live・CD
テープ録音のようで意外とクリアだが劣化が激しくお世辞にもいい音とは言えない。音場はステレオを彷彿とさせるほど不自然に広いが最高音が伸びず篭ったインホール録音のような感じになっており、雑音、不安定さ含めて一般向きではない。演奏はみずみずしいものの、終楽章が意外と前に向かわずクレンペラーらしさが出てしまっている(テンポは速いし最後の畳み掛けは凄い)。激しい音表現の変化が録音のせいで削られ、アゴーギグやデュナーミクのダイナミズムを楽しむことができない。悪くは無いが、パンチがない。○にはしておく。メモリーズでCD化。

<クレンペラーの7番(参考)>

VPO・1956ライヴ正規盤
Brahms: Symphony No. 3; Beethoven: Symphony No. 7

Orfeo

このアイテムの詳細を見る

フィルハーモニア管弦楽団・1957ライヴ正規盤
Beethoven: Symphonies Nos. 2 & 7

Testament

このアイテムの詳細を見る

(ニュー・)フィルハーモニア管弦楽団とのスタジオセッション~

EMI原盤のどの録音かは曲の組み合わせで識別しましょう。但し時々全集盤から違う組み合わせのものも出たりしますので注意(4と7など)。

1955モノラル正規盤
Symphony 5 & 7
Beethoven,Klemperer,Philharmonia Orchestra
EMI Classics

このアイテムの詳細を見る

ステレオ実験盤
Beethoven: Symphony No. 7; Prometheus Overture

EMI

このアイテムの詳細を見る

1960正規盤
ベートーヴェン:交響曲第1番&第7番
クレンペラー(オットー)
EMIミュージック・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

1968正規盤(ニュー・フィル)、山野楽器独自企画盤と同じ
ベートーヴェン:交響曲第7番
ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
EMIミュージック・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


他にマイナーレーベルものやライヴ非正規盤がある

ベートーヴェン:交響曲第8番

○クレンペラー指揮ACO(archiphon:CD-R)1949/5/1live
溌剌として曖昧さの微塵もない快演。リズムのしっかりしたクレンペラーだがそこに引きずられることのない同時期のバランス感覚が、もっともいい形で現れるのはやはりベートーヴェンだろう。8番は冒頭こそ有名だが結構マイナーな曲だと思う。それは均整感や完成度という面ですばらしい域に達しているものの楽想のアピールや発想の前衛性において後期のほかの交響曲と比べるとやや地味であるところに起因しているようにも感じる。演奏によっては地味さが倍増して聞こえてしまう。だがこの8番は終始7番のノリで楽しい。明るく古典的な明快さをリズム感とスピードによって提示し、終始同じような調子ではあるけれども、最初から最後まで聞きとおさせる「連続性」が売りだ。さすがに終演後の拍手も盛大。だが、録音は最悪の域。○。

<クレンペラーの8番(参考)>

解釈の基本は同じ。時期的にも軽やかさを保ったクレンペラーの意外な一面を楽しめます。

ACO・1956/5/17ライヴ盤(music&artsで出ていたものと同じ、共に非正規注意)
Beethoven: Symphonies Nos. 6, 8 & 9

GOP

このアイテムの詳細を見る

フィルハーモニア管弦楽団・1957正規スタジオ録音盤
ベートーヴェン:「運命」& 交響曲第8番
クレンペラー(オットー)
EMIミュージック・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

組み合わせの運命が名演で有名。他にも組み合わせを変えるなどして何度も出ています。

フィルハーモニア管弦楽団・1966ライヴ正規盤
Beethoven: Symphonies Nos. 1 & 8; Grosse Fuge

Testament

このアイテムの詳細を見る

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付」

○メンゲルベルク指揮ACO(PHILIPS/ANDROMEDIA)1940/5/2LIVE・CD

活き活きした名演。録音は歪むが仕方ない。1楽章では構造を無視したソロパートのルバートが特徴的。合奏部が性急なインテンポで通しそれにソロが後から辻褄を合わせることで全フォルムの崩れを避けている。スケルツォなど特にそうだが短く切り詰めた音符と明快なアクセントがいかにも厳しく雄こんでベト的だが、音色はウィーン的な艶があり、3楽章にその魅力がよく出ている。木管が非常に美しいがこの録音で唯一はっきりヴァイオリンのポルタメントが聞かれる楽章でもあり、4楽章の旋律表現に引き続くカンタービレ表現もきわめて美麗。独唱合唱もがっちり組み合い、ブレもミスも許さない指揮者の専制君主ぶりがハッキリわかるが、団員の自発的としか思えないボリュームある表現は両者が杓子定規な関係でもなかったことを推測させる。音楽は数十人からの高度な共同作業であり、一人のコンダクターがスイッチを入れれば変わるような機械的な単純作業ではない。末尾の大ルバート以外は違和感はなかった。

続きを読む

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。