ピック・マンジャガルリ:弦楽四重奏のための三つのフーガ

○スカラ座四重奏団(URANIA)LP 美しくいかにもラテンな曲。高音の多用や時折の晦渋さ、和声感がミヨーのカルテットを思い起こさせる。とても円熟した技法が駆使されており、聴いていて安心感がある。半音階的だったり不協和音が多用されるなど思索的な場面も多いが、旋律そのものには独特の感傷的な匂いがあり終始聞かせるものがある。南欧的なあけっぴろげなところがある一方で、ささくれ立った現代的なパッセージも織り交ざり、それらのミックスされた、いかにも近代と現代の狭間の音楽らしい多彩な魅力を放つものになっている。○。ミヨーの室内楽が好きな人なら気に入るとおもうが、ミヨーがさっぱりわからない向きは聴かないほうがいいでしょう。 ,
スポンサーサイト
プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード