スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリュズナー:交響曲第2番

○ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル(russian disc)1964/3/3(12?)live・CD 1909年生まれだがこの曲は61年の作品であり、だいぶ自由になってからの作品ということを念頭に聴くべきだろう。生っ粋のレニングラード出身の作曲家でユダヤ系というが、この作品はそういうイメージとは隔絶したかなり西欧風もしくはアメリカ風の作品である。無調的な下地の上に調性的な主題をかぶせてくるやり方などアメリカ20世紀の作曲家はけっこう良く使う手だし、終楽章の唐突なペットの独唱から始まるフーガなどヒンデミットそのものである(幸い「あの」独特のスケールは模倣されないが)。基本的に無調であり、ソヴィエトの作曲家としては極めて異例の作曲家だったといえよう。1楽章などちょっとアイヴズ風にひびく箇所もあったりして、そういう観点からすれば新鮮味があり結構楽しめる。この精妙な音世界を最高級の演奏で仕上げてくれたムラヴィンスキーに敬意を表し○にしときます。終楽章はけっこう高揚感あり。3日録音とあるが初演は12日なので疑問有り。 ,
スポンサーサイト
プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。