リャトシンスキー:交響曲第3番

ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル(RUSSIAN DISC)1955/12/29LIVE・CD な、なんじゃこりゃあ。。フレンニコフ風かと思ったらドロドロの世紀末節じゃん(一部モダニズム)。奇矯な音響の不格好な配列。オーケストレーションもやたらブラスが鳴ってなんだかワンパターンというか、下手というか・・・でもこれって作曲家56歳の作品なんですよね(しかも3年後に改訂している)。よかったのは2楽章アンダンテ・コン・モート。もともとしーんと静まり返った所に鉄琴が響くような「惑星」的な音楽が好きな私はけっこう気に入った。でも12分は長いな。。4楽章は1楽章の「一休さん」音形(聞けば分かる)が復活して、祝祭的気分に脱皮するのかと思いきや、旋律がよくわからない繰り言を繰り返しだす始末。リヒャルトの影響を受けているのは明白だが、ソヴィエトの作曲家によくあるカンチガイモードに入ってしまったふう。オケの艶な音色に救われている。第二次大戦が影を落としていると言われれば思いっきり落としているように聞こえる。40分近くもの不格好な交響曲、機会があればお試しを。保証はしません。演奏は立派だけど、無印。 ,
スポンサーサイト
プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード