ルー・ハリスン:ジャワのガムランを伴うヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲

ミルス・カレッジ・ガムラン・アンサンブルほか、ウィリアム・ウィナント及びルー・ハリスン:ゴング(M&A)1990初出 ルー・ハリスンが亡くなったので、記念に買ってみた。ガムランを使用した割合と親しみやすい曲を作っていた人だが、ここでもメシアンのような複雑怪奇な音楽になる「前の」素朴なアンサンブルが聞き取れる。ミヨー「男とその欲望」、その他ストラヴィンスキーの諸作をほうふつとさせる聴感だが、アメリカの気のいいおっちゃんの音楽としてはなかなかいい。こういうものが聴きたくなる午後がある。気持ちのいい聴後感。 ,
スポンサーサイト
プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード