ロドリーゴ:夏の協奏曲

○フェラス(Vn)エネスコ指揮パリ音楽院管弦楽団(TESTAMENT)CD

変な曲、というか特徴的な表現はあるしロドリーゴのイメージとしての軽音楽的な部分は無いものの、擬古典にもなりきれず、ロマン派協奏曲の範囲でソリストの技巧を活かした模範的なものを作ったといったふうだ。標題的なものも感じない。ソリストは可もなく不可もなく、やや甘い音色で弾ききっている。エネスコも特別なことはしていない。
スポンサーサイト

ロドリーゴ:ピアノ曲集(1926-)

作曲家(P)(EMI)泣けます。ロドリーゴが遂に亡くなってしまったあと、記念盤として出たCDですが、楽しい曲ばかりなのに、夜中に聞いていると・・・ノスタルジックな気分が高まり泣けてきます。,

ロドリーゴ:アランフェス協奏曲~Ⅰ、Ⅱ

○ディアズ(G)ストコフスキ指揮アメリカ交響楽団(DA:CD-R)1968/11/17live

有名な2楽章までで拍手が入り録音が切れている。感傷的で直接的な旋律の表現だけではなく、バックオケの必要十分なファリャ的な音による絡みが欧風演歌になりかねない曲に厚みをもたらしている。オケ指揮者の手腕よりもギタリストの手腕による部分が大きい、もともとそういう曲ではあるのだが、このギタリストは哀愁があって的確な表現が心地いい。音粒のたった精度の高い演奏である。全曲聴きたかった。

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード