スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインベルク:交響曲第7番

○バルシャイ指揮モスクワ室内管弦楽団(OLYMPIA)1967・CDちょっと録音が悪いが緊密なアンサンブルと研ぎ澄まされた音色は出色。だがそれ以上にこの曲自体のはなつ香気に魅了された。ワインベルグは1919年生まれ(まだ健在?)だがゲンダイオンガクではなくバルトーク以前の野趣に富んだ旋律的な音楽を描き一部ソ連作曲家ファンには人気のあった作曲家である。ショスタコーヴィチと仲がよく、12番シンフォニーはその追悼曲として書かれている。この曲は3年前に作曲されたばかりのものとしても多分に古臭いネオ・ロマンチシズムのシンフォニーだが、寧ろ遅れてきた新古典主義の作品として認識すべきものだろう。弦楽オケとハープシコードのための、と銘打ってあるとおり、冒頭からハープシコードの古雅な旋律がかなりの長時間独奏される。この旋律がいい。近現代曲でハープシコードを導入した曲は少なくないが、その古楽器の新奇なひびきに作曲家たちが魅了されたのにはランドウスカ夫人の演奏活動の影響がある。ランドウスカは古楽の再発見だけでなく新しい作品の委属も頻繁に行って自らのレパートリーとした。ファリャやプーランクの楽曲はその中でも特に有名な作品といえよう。だが、それらはかなり擬古典を意識した作品である。典雅な時代の空気を今に蘇らせようとしたようなところがあり、意外と古臭く、また単純で無邪気すぎるところがある。それらの作品が作られた時代からかなり下ったこのソヴィエト出身の作品は、まったくその音色の感傷性だけを取り出し、ワインベルク流の語法に組み込んだような作品であり、印象はかなり面白い。と同時に深く染みるものがある。冒頭の独奏旋律だけで私は強く掴まれてしまった。こんなに孤独な音楽があっただろうか。こんなに感傷的なハープシコード曲があっただろうか。それはちょっとサティを思わせるし、金属的なひびきを放つオルゴールを思わせる。ショスタコよりよほど旋律的で古いスタイルなのにけっこう新鮮に聞けるのはひとえにこのハープシコードの音色のせいである。5楽章制でハープシコードはわりと弦楽と乖離して使用されているが、ハープシコードが途切れて弦楽が旋律を奏で出すと、とつとつとしたオルゴール音楽が急にゴージャスなオーケストラサウンドに変化したような妙な感覚をおぼえる。このあたりで作品としての一貫性がやや損なわれている気もしないでもない。だがどの楽章もせいぜい5分前後(けっこう派手な5楽章だけは10分)だから、組曲として認識すればそうおかしな感じではない。ここまで書いてきて詰まる所私が感銘を受けたのは1楽章冒頭のハープシコードだけ、ということに気が付いた。まあ、でも冒頭のソロ旋律を聞いてみてください。この部分だけでも価値がある、真情の篭った佳作である(フィナーレ結部で回想)。○ひとつ。,
スポンサーサイト

ワインベルク:交響曲第6番

○コンドラシン指揮モスクワ・フィル、モスクワ合唱学校少年合唱団(OLYMPIA)1974・CD長っ!ショスタコぽい!シニカル!この人らしく不格好な構成で、1楽章アダージオ・ソステヌート、2楽章アレグレットまではバラバラ、3~5楽章は連続する。1楽章は長い。2楽章はなかなか魅力的な曲想で、唐突な少年合唱にびっくり。合唱の旋律にポリリズムふうに絡むヒステリックなオケパートにも驚かされる。こういう新奇さはこの人の持ち味だ。3楽章以降は変化に富んでいて面白い。リズムが頻繁に変わり実にショスタコ的な小ばかにした曲想の続く3楽章アレグロ・モルトから、鐘の一打で始まる地獄のように暗いラルゴ(合唱が再登場)、どんどん堕ちていく終楽章アンダンティーノ。透明感がありドロドロにはならない。全体に堂々たる大交響曲であり、演奏も集中力に溢れた技巧的にも不足無いものだ。これは技巧がないとどうしようもない難曲。ショスタコ好きなら是非。録音マイナスで○。,

ワインベルク:交響曲第5番

○コンドラシン指揮モスクワ・フィル(RUSSIAN DISC)CD堂々たる大曲である。ショスタコーヴィチ以降でこんな規模(45分弱)のシンフォニーを、しかもシンフォニーの通俗的イメージに沿って作曲した人も他にいないだろう。暗く晦渋な楽想ではあるが特有の清澄なハーモニーが清々しい。また、ショスタコに非常に似ている。3楽章制の3楽章前半アレグロ部など空虚なリズム感覚はまさにシニカルなショスタコ節だし、打楽器の使い方も似ている(また部分的にはマーラーを彷彿とさせるところさえある)。その前の緩徐楽章ではこの人の出自がわかるような独特の音使いが聞かれる。ブロッホに似ている、つまりはいわゆるユダヤ旋律が導入されているのである(なのだろうと思う(あやふやごめんなさい))。ポーランド出身のユダヤ系として家族をヒトラーに皆殺しにされたという悲劇的な背景を持つ人だが、東側出身で同様の境遇にあった人として思い出させられるのはアンチェルだ。この人も奥さんなど家族をナチに皆殺しにされている。但し、アンチェルにしろワインベルクにしろプロフェッショナルな音楽家であり、その音楽世界は決して個人的世界に埋没せず寧ろ一面ポジティブでさえある。ワインベルクはどちらかといえば明らかに暗い。でも前記したように響きは非常に繊細で清らかであり、この曲でいえば3楽章最後の音響世界など天国的ですらある(無論絶望的な死のあとの、だが)。マーラー好きは聞けるかも。ショスタコ好きは気に入るかも。私は不謹慎な言い方かもしれないが楽しめた。○ひとつ。コンドラシンはイマイチ客観的すぎるようにも思ったので。ほんとショスタコ+新ウィーン楽派って感じです。,

ワインベルク:交響曲第4番

○コンドラシン指揮モスクワ・フィル(MELODIYA/OLYMPIA)1974民族風の主題がカッコイイ。垢抜けていてバルトークのようにスマートかつテンション高く、ハーモニーには新鮮なものは少ないが、とても耳馴染みよく素直に楽しめる。ショスタコの影響は殆ど無い。コンドラシンの棒は時折先が見えなくなるところがあるが、テンションで押しまくるところや色彩的に響かせるところでは極上の聴覚的快楽を与えてくれる。また3楽章などロマンティックな旋律の味をデロデロにならずに上手く描き出しており、ワインベルク特有の新鮮な響きが効果的に再現されている。弦楽合奏的要素が強い曲だけにモスクワ・フィル弦セクのパワーが存分に発揮されており面白い。○。,

ワインベルク:交響曲第12番

○マキシム・ショスタコーヴィチ指揮ソヴィエト国営放送交響楽団(OLYMPIA)1979/11・CDオリンピアは信じられない音質の盤を出す事が有るが、この演奏記録もステレオではあるが音像が不安定で左右どちらかに偏ってしまったりする珍妙なもの。でも、曲は立派。ドミトリ・ショスタコーヴィチの思い出に、と副題が付けられているように、これはショスタコへのオマージュとしてそのスタイルでかかれた作品である。元々ショスタコチックな作曲家だから尚更なのだが、76年作品という非常に新しい作品でありながら新ウィーン楽派ふうの透明感ある無調的世界から始まり(確かにショスタコの晩年作を思い出す)、やがてくる豊穣な音楽の盛り上がりはしかしかなり削ぎ落とされた無駄のないショスタコスタイル。力感に満ちた表現はいくぶんショスタコより分厚めだがそれでも主題の念の押し方や旋律の持って行き方にはあきらかに痕跡が認められる。・・・とここまで書いてなんだが、これは昔の作曲家のレクイエム作品に見られるような死せる作曲家の主題を引用し変奏させていくというようなありきたりなやり方をとったものではない。あくまで「ショスタコのスタイル」の根幹にのみ沿った形で、結局はワインベルク自作の旋律やワインベルク特有のハーモニーによって仕立てられた作品であるところに面白さがある。寧ろベルクだな、という部分も確かにあるのだ(ショスタコとは対極の作曲家だろう)。4楽章制という古典的な構成をとっているのはひょっとするとショスタコの15番を意識しているのかもしれないが、曲的にはあまり似ていない。だがワインベルクがショスタコ作品からの引用をまったくやっていないかといえばそうでもない。印象的な3楽章アダージォの中にはよりにもよって「ムツェンスク州のマクベス夫人」からの引用がある。また、ショスタコのスタイルに倣ったとは言えない形ではあるが、ショスタコのイニシャルを終楽章アレグロの最後に不思議な余韻をもって挿入している。但しDSCHではなくDSであるが。ショスタコ+αの作曲家として、ショスタコ好きにはおすすめしておきます。結構表層的にも感動できるかと。静かで繊細な部分がとくにスバラシイです。,

ワインベルク:交響曲第10番

○バルシャイ指揮モスクワ室内管弦楽団他(OLYMPIA)1970・CDモノラル。擬古典的な弦楽合奏曲だが強烈な不協和音によって独自のハードな世界を確立している。旋律らしい旋律もないが清新な響きの世界は決して音楽的なものを失っていない。1楽章コンチェルト・グロッソは飽きないめまぐるしい音楽。2~4楽章はショスタコ的な緩徐楽章の連環。終楽章のインベンションは再び焦燥感を煽るフレーズの連続ではあるが案外聞きやすい。特殊奏法も面白さの範疇。不協和音慣れしていない人には猛毒だが。1楽章冒頭の主題が戻って解決を見ずに唐突に終わり。ちょっとバラつきもあるがバルシャイらしいささくれ立った緊張感のある演奏。○。,

ワインベルク:弦楽四重奏曲第7番

○ボロディン四重奏団(MELODIYA)ショスタコの影響は否定しようが無い。冒頭のノンヴィブによるハーモニーと微妙に半音階的な暗い旋律からしてもうショスタコのカルテット(の比較的初期のもの)によく似ており、両者の親密な関係を改めて認識させられる。ワインベルグ自身の個性というと、ショスタコよりも過去の作曲家を思わせる「やや」分かり易い旋律、ショスタコの明快さと暗さの振れの激しい分裂症的作風に比べ、流れは滑らかで明快とまではいかないし暗さにも深みが無い、変化もやや乏しいという点が挙げられる。2楽章などとくにショスタコのスケルツオにかなり類似した雰囲気を持っておりショスタコ好きにはアピールするだろう。ワインベルグは決して擬ショスタコな作品だけを作り続けていたわけではなく、交響曲など実験的というかいろいろな要素を持った多面的なところを見せている。 ,

ワインベルク:モルドバの主題による狂詩曲

○スヴェトラーノフ指揮ソヴィエト国立交響楽団(MELODIYA/OLYMPIA)非常にエキゾチックでいささか映画音楽的なところのある曲だ。ハムナプトラかと思った。急峻部は派手でとてもわかりやすいが緩徐部は少し間延びする感じもしないではない。民族楽派としては半世紀遅れの感は否めないが、ハチャトゥリアンがアリならこれもアリだろう。エネスコぽい感じもする。○。,

ワインベルク:トランペット協奏曲

◎DOKSHITSER(TRP)ジュライチス指揮モスクワ・フィル(RUSSIAN DISC)CDなかなか面白い曲。どちらかというとショスタコ寄りの曲だが、もっと親しみやすい。1楽章は「トランペット吹きの奇妙な休日」といった感じ。けたたましくシニカルだが程よく気分を高揚させる。2楽章は長くまさにショスタコ的な深刻さがあるが、やはり聞きやすく入りやすい。心地良い響きが哀感の中にも温もりを感じさせる。1楽章と違ってペットがあまり前面に立たないのも面白い。末期ヒンデミットのような打楽器的な静寂の中でソリストにとぎれとぎれにまたカデンツァ的に奏される結婚行進曲やペトルーシュカといった断片のかもすシニシズムは一種独特の感動を与える。実に効果的だ。演奏も素晴らしいの一言。ソリストとオケの間に漂う緊張感が堪らない。カチコチやりとりされる高音打楽器群のアンサンブルが、突然の終止音で断ち切られる最後も洒落ている。謎めいてはいるがなんとなく納得してしまうのは私だけか。面白い曲だし、演奏もいいので◎。,

ワインベルク:シンフォニエッタ第1番

○スヴェトラーノフ指揮ソヴィエト国立交響楽団(MELODIYA)ワインベルクというべきかヴァインベルグというべきか。ショスタコーヴィチと仲がよかったソヴィエトの作曲家です。室内楽など、なかなか渋い魅力を持っていて知る人ぞ知るマニアックな感性を刺激する作曲家でした。これは聞き込むと結構楽しめる曲で、いかにもソヴィエト的な交響曲。一次聴感(一回目に聞いたときの感想という意味です)は「クーチカに倣ったショスタコ」という感じ。寧ろ晩年のプロコというべきか、民族音楽的な面が前面に立ったイカニモという曲であり、エキゾチックな旋律は魅力的だがいかんせんスタイルが古い。それでも聞き込むとそんなに無茶苦茶古い和声感に依ってはいないことがわかる。4楽章なんてもう硬質な響きを持つ民族舞曲でありその高揚感は非常に印象的。緩徐楽章には神秘的な美感がある。短く引き締まった楽曲で飽きる前に聴き終わるからおすすめ。スヴェトラーノフの力強さがイイ方向に働いた佳演です。○。,

ワインベルク:ヴァイオリン協奏曲

コーガン(Vn)コンドラシン指揮モスクワ・フィル(MELODIYA/OLYMPIA)1961ややとりとめないが個性的ではある。民族的フレーズが多用されるがオケパートの清新な響きによってそれほど重さを感じさせない。主題にやや魅力がなく、終楽章にきて初めてバイコンらしい雄弁なメロディが現れるが、いささか中途半端に終わる。コーガンのやたらと押し付けがましい演奏ぶりだけが耳に残った。,
プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。