スーザ:星条旗よ永遠なれ

◎トスカニーニ指揮ニューヨーク・フィル+NBC交響楽団(NYP)1944/5/25LIVE・・・NYPアメリカ音楽ボックス2巻目、これしか興味ない(泣)シンバルがテンポを煽ってウキウキ気分の行進曲、中間部主題の優美だが決して前向きのテンポを崩さない演奏ぶり、いいなあ。トスカニーニのしかめっ面もこのときばかりは緩んでいたのでは。厳しさはなく、浮き立つテンポを楽しんでいる。録音は悪いけど、演奏は最高。ブラヴォーの渦。これ・・・戦時中なんだよな。マジソン・スクエア・ガーデンにおける両オケのジョイントコンサートのアンコールの記録。 ,
スポンサーサイト

スーザ:星条旗よ永遠に

ストコフスキ指揮アメリカ交響楽団(DA:CD-R)1967/5/14NYブロンクス・ベッツ病院慰問live

膝録もので鑑賞に値しない非常に貧弱な録音。演奏も強い表出力はあるものの隈取が明瞭なだけで前進力は感じられず、それほどアピールしない。

続きを読む

スーザ:星条旗よ永遠に

○ハンソン指揮イーストマン・フィルハーモニア(meircury)CD

個々の技量についてはイマイチで全般チープな香りが漂うことは否定しないが、ハンソンの厳しい締め上げでとてもまとまった構造的な演奏になっている。ただ楽しくブカブカやっているのではなく、内声部まできちんと演奏されており、更に非常に前進的で浮き立つようなリズムが心地いい。ハンソンの夥しい録音群は録音特性のこともあってやや小粒な感もあるが、これはそれでも「アメリカだなあ」と感心するくらい根っから板についた音楽でもあり、また正統なクラシカルな技術によってしっかり創り上げられた演奏でもあり、聞かせるものはある。総体は楽しげだが、個々の奏者はけっこうきつそうだなあ、とも思ったが聴くだけの人間には知ったことかというわけで○。

スーザ:エル・キャピタン

○トスカニーニ指揮NBC交響楽団(RCA)1945/5/18・CD

楽しいスーザマーチでトスカニーニが振ろうが誰が振ろうが楽しいものは楽しい。引き締まったリズム、前進性、ダイナミックさ、派手さが特筆すべき点か。トスカニーニの編曲によるもの。

スーザ:星条旗よ永遠なれ

○トスカニーニ指揮NBC交響楽団(RCA)1945/5/18・CD

やっぱいいですね。マーチの王道。というより軍隊行進曲に聞こえる。物凄い前進する力があり、派手で大音量、しかしオケ全体がびしっと揃って慣れた曲をそれでもしっかり演奏しているという感じ。これ以上のものを望むべくも無い。録音の古さがマイナスか。トスカニーニの編曲によるもの。
プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード