小品集

○フロンザリー四重奏団(victor/PRSC他)

・ポーション編曲「霊歌集」Go down, Moses; Swing low, sweet chariot1926/2/11
・「深い川」1927/1/4
・ポーション「アイルランドの子守歌」1926/2/10
・ポーション編曲「伝統歌集」
Irish Reel,Sally in our alley (Old English Tune),Turkey in the straw1927/1/4、1929/5/3、1929/4/30

かのポーションの手による弦楽四重奏編曲集で、きほん民衆歌に拠っている。国民楽派というよりも平易な世俗歌集という趣がつよく、旋律と伴奏のゆったり素直な編曲で、演奏も前時代的な音色で郷愁をさそう。唯一最後の「藁の中の七面鳥(オクラホマミキサー、という名で通っているがそんなにゆっくりした曲ではない)」だけが交錯する威勢のいい走句でカントリー調を演出し気を煽る。但し技巧的にやや弱く、現代の演奏のように音符が全て切れてきこえるような演奏ではない。この団体はビダルフで集成が出ていたようだがよく知らない。pristine配信中。
スポンサーサイト

二つのイタリア民謡

○レスピーギ夫妻(SP,P)(pierian)CD

民謡とはいえ非常に洗練された両演奏者の表現によりかなりスピーディにかっこよく収まっている。とくに奥さんの歌が技術的に素晴らしい。

tag : 作曲家演奏

イギリス頌歌

バルビローリ指揮ハレ管弦楽団(bbc/IMG)1969/11/19live・CD

若干露骨な響きでテンポは鷹揚とした演奏。それ以上のコメントのしようがない。

tag : バルビローリ

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード