スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルティヌー:ヴァイオリン協奏曲第2番

○カウフマン(Vn)ルコント指揮ORTF(cambria)1955・CD

録音は悪いがルイス・カウフマン(コーフマン)の無数に残された盤の多くは古いため音が悪いものも多く、中ではいい類か。ヨーロッパ滞在中で、しかもORTFというところがマルティヌーの出自を鑑みても面白い。作品ははっきり転向後のマルティヌーそのもので欧風のロマンティシズムの中にも露骨な折衷性が目立つ。ウォルトンの協奏曲に無理やりストラヴィンスキー初期のバーバリズムや連環する音列といった要素を加えたような冒頭からのけぞらせるものがあり、中欧的なくぐもりを含むロマンティックな音楽の中に開放的なアメリカイズムやフランス派から借りてきたようなフレーズ、新古典的要素の散発するさまが聴かれ、更にオルガン的な分厚いハーモニーを並べるのみの擬古典的書法の横溢(いつものことだが後半部どんどん簡素になってゆく)、終楽章は民族主義的な定番のやり口で、やばいほどに卑近な表現になっている。確かに面白い。聴き応えのある大曲で数十年遡れば大衆曲として残ったろう。同時代にも人気はあったであろうが、後世に残りづらい多産化マルティヌー後期の難点もまたあらわれている。しかし、弦の国の人だけありヴァイオリンの使い方は自然で巧みだ。名技性を求められてただ無茶を注ぎ込むのではなく、こうさらっと書けた人は古今少ないだろう。

依属者エルマンを彷彿とさせる「最後のロマンティスト」カウフマンは艶のある太い音に安定した技巧で友人の作品を盛り立てている。その並ならぬヴィルツオーソぶりに反し、タイタニックに乗り損ねることに始まる波乱万丈な人生は、一応純アメリカ人として市場主義に振り回されたとも言え、ミュージカル・アーツ弦楽四重奏団でヴィオリストをつとめる前後の逸話(無名の叩き上げにもかかわらずクライスラー、エルマン、カザルス、ジンバリストに室内楽団に誘われ名を上げたものの、ピアニストと結婚しソリストとして活動する道を選んだ)に始まるちょっときな臭い話はこちらの死亡記事に詳しい。そのきな臭さの中で「風とともに去りぬ」のソロヴァイオリンとしての「仕事」も含まれているわけだが、LAオケメンバーとしてのハリウッドとの密接な関係が「正統の」ヴァイオリニストと一線を敷かれたこともあり、ヨーロッパに逃げて活動を修正しようとしたものの、最終的には当時の同時代音楽の紹介者としての役割に終始し、大成せずピークを超えてしまった。とはいえミヨーやヴォーン・ウィリアムズなど初演作品の中には同時代の作品として重要なものが含まれ、いずれの録音も贅沢なほど完璧な演奏技巧と表現力に支えられたプロフェッショナルなものである。膨大な放送演奏に魅せられた記憶のある聴衆はLAに戻って後もカウフマンの演奏を求めたというが、しかし技巧の衰えを感じてのちはリタイアしてしまった。それが録音方式の変遷と巧く噛み合わず、一般的に評価可能なレベルの音質のものが、四季など「代わりはいくらでもいる」作品しか無いのは不幸なことだ。いずれにせよ近現代作品初演者としてこの名前を知らないのは、もぐりである。コープランド好きならとくに。
スポンサーサイト

マルティヌー:交響曲第4番

○アンセルメ指揮スイス・ロマンド管弦楽団(CASCAVELLE他)1967(76?)/3/15ジュネーブlive・CD

アンセルメは40年代に集中的に作曲されたマルティヌーの交響曲を好み地域初演も担ったが、録音は非正規含めても僅かである。これはモノラルだが残響で聴き易い正規ライヴ音源として貴重だ。戦争終結への喜びに満ちた表現から始まる前半楽章は変拍子が多用されるもわかりやすい旋律に繊細で細かな明るい響き、しかしそれを根っこで支えるのは低音楽器の刻む極めて単純なリズムというところ、ほとんど師匠ルーセルのバレエ音楽を中期交響曲に合成したようなものである。旋律性が強く、書法に一種の限界もしくはダンディやデュカふうの「欧風形式性」を彷彿とさせる古風なものが枷となって働いているため単純さが目立ちすぎる箇所もあり、特に後半楽章にきてやや前衛ふうの硬質な響きが目立ちだしても、突飛な感じはせずルーセル3番の2楽章程度の印象しかあたえず、叙情性はそれを上回り、前衛嫌いのアンセルメはやりやすさも含めて同時代者としての共感を持ったであろうことは想像にかたくない。速筆で薄っぺらな感も否めないもののよく書き込まれた1楽章には魅力が溢れており、アンセルメもまた現代バレエ指揮者としてキレのよいリズム表現に構造の鮮やかな「整理整頓」を加えて、共感に満ちた演奏を繰り広げる。ライヴならではの迫真性とそれでも崩れない美しいオケのレベルの高さに瞠目。○。既出と同じ音源でCASCAVELLEの76年表記は誤りとのこと。


H.Dutilleux: Symphony No.1; Martinu: Symphony No.4 / Ernest Ansermet, SRO

マルティヌー:交響曲第5番

アンセルメ指揮NBC交響楽団(DA:CD-R)1948/1/24初演live


ルーセル風のエキゾチシズムから派手な新ロマン主義音楽に終わる折衷的作品で、やや把握しづらいところがあるが、20世紀交響曲が好きな向きは楽しめるだろう。アンセルメは最初こそ繊細で綺麗な響きをかなでさせるもののバレエ音楽的というより完全に民族主義的な感興にシフトしていく。ロシア国民楽派を得意としたこの指揮者がライヴで、しかも機能的なオケを使うとどういう演奏ができたのか、終盤のもはやフランス的ではないリズム楽器の強調ぶりに高音楽器の派手な鳴らし方、オケドライヴの流麗さ、煽りに煽るような表現で理解するといい。こんな演奏でなければ冗長で飽きる曲だ。NBCオケはボストンのような西欧風オケに比べ音のキレがよく響きが重くも軽すぎもしないのでアンセルメの性向にもあっている気がする。この人がアメリカ演奏旅行といわずじっくりオケを持って演奏していれば、スイス・ロマンドの印象とは違ったものを残せただろうに。○。録音は時代柄まあまあ。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

TREview『音楽・映画・テレビ』ブログランキング

(マルティヌーは鬼門なのでwiki参照)

tag : アンセルメ

マルティヌー:ピアノ協奏曲第3番

フィルクスニー(P)クリップス指揮NYP(DA:CD-R)1965live

新古典主義のロマンティックで凡庸な曲。初期プロコの影響も強い。クリップスらしい小気味いいテンポ回しが悪い録音状態を跳ね除けるが、3楽章のテープ撚れはきつい。ピアノは胡麻を撒くようにパラパラ難なく弾きこなす。まるでアディンセルとかそのへんの曲のようなもので、名技的ではないため、クラシカルミュージックという立場では、どういうスタンスで聴いたらいいのかわからない。

マルティヌー:交響曲第6番「交響的幻想曲」

○ミュンシュ指揮ボストン交響楽団(RCA/BMG)1956/4/23・CD

多産・多様の作曲家というのは不幸である。前にミヨーの例をあげたが戦中戦後を生きた東欧の作曲家はもっと悲惨であり、文化的侵略や民族的理由による亡命などさまざまな困難の中で「不要なほど多様な語法にせっし、自ずのアイデンティティを見失うほどに」作風を切り替える結果となったり、完全に違うものになってしまったりする場合もまま見られる。ミヨーは寧ろ余りに個性と民族性が強くまた「幸福だった」ため自分を見失うようなことはなかったが(寧ろ最初から確立された語法の応用方法をさまざまに変容させるすべを知っていた結果として多産するはめになったところはヒンデミットも近いかもしれない)、マルティヌーの個性が一つの尖塔として認識できにくいのはその部分で非常につかみどころが無くなっているからとも言えるかもしれない。ただ、湯水のように楽想が湧き出る天才性は一緒で、使い捨て世俗音楽ジャンルへの接近という部分ではミヨーとの共通点はなきにしもあらずだ。

基本的に理知的で機械的で冷たい先鋭な響きを用いるところはチェコとは言わないが東欧の同時代の作曲家・・・バルトークやシマノフスキなど・・・と共通すると言っていいだろうが、この人、アメリカの影響もまた強く受けており、一時期のバーバーのように「描写的な一種映画音楽的な表現」が目立つようになった点が特徴的である。同曲でも(前記東欧の諸作曲家と近似した書法は別格として)RVWに近い響きをもった「甘い」表現が聞かれるところもあり、基本的に計算式のような構造の楽曲でありながらも(ボストン75周年作品として一部合奏協奏曲的であり、特殊なアンサンブル能力を試すかのような構造を面白く聴けるようになっているせいもあるのだが)循環形式の中で表現されているのはどうしても戦争の傷跡のようなものであったり戦争そのものであったりもするのである。非常に斬新な聴きごたえの曲ではあるがRVWの6番あたりを(全く異なる作風なのに)想起するのはこの「戦争の機械の描写」的な中間楽章スケルツォのせいだろう。ドヴォレクの逆行形からなる神秘的な終幕は「交響的幻想曲」の意味を明示するものとして特筆すべき部分である。ここでミュンシュは新作慣れを示している、程度にとどめておこうか。比較対照する演奏が余りないからである。

続きを読む

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。