ラヴェル:ラ・ヴァルス

クリュイタンス指揮ORTF(warner/erato他)1951シャンゼリゼ劇場・CD

最初いいじゃんと思って芳醇でカラフルな響きを楽しんでいるも、あれ鈍臭い、と感じる部分が混ざってくる。テンポ運びが悪いのだ。経過句的なところでもたつく感が否めない。オケの弱みをそのまま出してしまったような。。盛り上がりどころは派手でよいが、テンポがインテンポ気味なのに後ろ向き、とか、部分部分にいまいちな印象がのこった。
スポンサーサイト

ラヴェル:ラ・ヴァルス

プレートル指揮クリーヴランド管弦楽団(SLS)1967/3/30live

エキセントリックさは感じず、かといってこなれた演奏とも感じない。後者感想はしかしむしろプレートルの後年までの個性でもあるだろう。下手という意味ではないのだ。オケが明晰なクリーヴランド管弦楽団ということもあり、指示の軋みや雑味が音に出やすい。セルでさえ完璧主義といいながらミスのはっきり聞こえるライヴ録音がわりと多いわけで、プレートルならなおさらか。正直デルヴォー的なものを求めたら期待はずれだった。アメリカオケの音にこの人は合わないのか。。

ラヴェル:ボレロ

○パレー指揮ORTF(SLS)1957/5/9シャンゼリゼlive

高速軽量級、やる気漲るパレーの十八番ボレロ。アンコールないし末尾にやられることが多かったようだ。このリズムでは軽すぎるとしても、響きや音色は美しく華やかに統一され、このオケだからひときわソロの魅力が際立つ(ホルン除く)。また弦のピチカートが粒立って激しく轟き軽量級なりのリズムの打ち出し方をしているのも面白い。ひたすら揺れのないテンポはボレロはこのままで完成されていることを実感させる。全奏部に至っては独特の短い発声のペットと強靭な打楽器群が高らかに軍隊を鼓舞し、それ以外の楽器はまったく同じ調子を続けているのに音楽はしっかり大きな山になっている。阿鼻叫喚まではいかないが振り切ったパレーに盛大なブラヴォが浴びせられる。録音はモノラルで音場が狭いぶん録音瑕疵はさほど気にならない(はじめの方で大きく放送エアチェックノイズが入るのは残念)。

ラヴェル:道化師の朝の歌

フレイタス・ブランコ指揮シャンゼリゼ劇場管弦楽団(EMI他)CD

数少ない正規録音の中でも作曲家縁のラヴェル集の中の一曲。ライヴ同様ハデハデ、リズムは気まぐれ感がある。ひとつひとつの音にニュアンスは籠めないけれども音の堆積には色彩味が溢れ、自由に力強い。まっすぐに力強いミュンシュとは違う。オケにメリットのある録音にもかかわらず独特の引き締めの緩さがあり、そのあたりモノラルであることとも相まって余り取りざたされなくなったのだろうか、しかしこの人の演奏はつまらないということがない。現代の理知的で精緻な演奏を求めるならそもそもモノラル時代のものには手を出すべきじゃないが、ピリオドうんぬん言うならラヴェルが聴いていた音を聞くべきであり、このポルトガルの指揮者のとくに適性を示した南欧的な楽天性をもつ同曲を、当時の劇場でナマで聞くように楽しんでもいいのではないか。

ラヴェル:バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第二組曲

フレイタス・ブランコ指揮トゥールーズ・コンサート協会管弦楽団(forgotten records)1952/3/6live放送

さすがにラヴェルの覆面指揮者を演じた人だけありブランコのラヴェルには余人を許さない表現の壮烈さが感じられる。原曲の劇的要素と舞踏要素を激しい音のコントラストと部分に拘らない全体の派手さで煽り、録音が悪いのが難点だがスヴェトラーノフのような終わり方でブラヴォが飛びまくる。「全員の踊り」が思ったより前に向かわずオケの弱点が露呈するバラケ味に肩透かしにあうものの、まあ、この日の最後の演目ということもあるのだろうし、客観的に言って事故だらけで生演奏ならではの傷の絶えないものではあるが、聴いて楽しくなる。これと比べミュンシュの何とスマートなことか。常に置いておきたい演奏ではないが、一回性の粗野な記録としては良い。

ラヴェル:クープランの墓

ミュンシュ指揮ボストン交響楽団(DA他)1953/7/26タングルウッド音楽祭live

長大なナレーション入りの放送エアチェックもの(andanteかどこかが配信したものはどうだかわからない)。ガチャガチャした非常にノイジーなモノラルで、ステレオ再生機で起こしたらしく高音域が拡散し破裂気味、それゆえ分離が上から悪いという状態でまず鑑賞向きではないが、最盛期ミュンシュのラヴェルらしい溌剌としリリカルな音楽で、微細なまでに配慮の行き届いた表現の彩が美しい。リズムの明確さはここではまさに舞曲的に前進するタイプのもの、とても曲にあっている。曲によりロマンティックな重さがなくはないが、意思的な解釈はミュンシュの魅力そのもので取るに足らない要素だ。終曲の勢い、カラフルさは特筆すべきだろう。全般的に非常に演奏精度が高く、録音の悪さが惜しまれる。

ラヴェル:スペイン狂詩曲

ベイヌム指揮クリーヴランド管弦楽団(SLS)1955/12/22live

つまらない。ギチッとした演奏なのだが色がない。ベイヌムは何でもギッチリ振れる職人のイメージがあるが、それはこのあとの幻想交響曲くらいの大作なら生きてくる(この演奏も五楽章前まではしょうじきつまらないが五楽章が力強く盛り上がるので形式的には締まっている)ようなもので、またハデさも歌謡性も無いからラテン系の色を要求する曲には向かない。録音が篭もるモノラルで悪いせいもあって、これは買って失敗。

ラヴェル:ボレロ

デルヴォ指揮ORTF(ina配信)1970/6/14live

デルヴォーにはいくつも録音があるが、これはやけに遅く客観的な演奏で始まる。マルティノンのようだが精度は上がらず(オケのソリストのせいというか)弛緩傾向を感じさせる。テンポは揺れず、なかなか盛り上がらないながらもクレッシェンドしていき、やや悪い録音のなかやっと大きな音は出るしデルヴォならではのソリスティックな歌い回しもさせてはいるが、かなり控えめだ。それが個性を最後まで出さないで終わってしまった、という感想につながる。急に盛り上がるもすぐ終わり拍手は少し盛大。無料配信されている。

ラヴェル:マ・メール・ロア組曲

ミュンシュ指揮ボストン交響楽団(RCA)CD

ステレオ録音が古いのが透明感をそこなって惜しいが、得意曲であり、ニュアンスの宝庫をここぞとばかりの雰囲気たっぷりに、しかし飽きさせるような耽溺はせず聴かせきる。ラヴェルが無邪気な夢幻をもっとも美しく、素直にあらわした曲で、ミュンシュの印象からするとピアノ原曲に近いような、旋律を強くひびきをよりリアルに抉ってきそうなところ、この曲ではじつに耳に優しい細やかな演奏、かつわかりやすいものに仕立てている。ボストンオケで良かったというような機能性の高さによって微細な部分までの配慮を行き届かせることができている。素晴らしい。

ラヴェル:ボレロ

ミュンシュ指揮ボストン交響楽団(RCA)CD

ステレオ。ミュンシュはテンポを崩したような演奏もしているがこれはバランスの取れたまっとうなボレロ、しかし勢いと力感はもはやバレエではない域に達した名演。ラヴェル音楽祭の指揮者を若き日に勤めただけある、オケも不断の緊張感でのぞんでいるし音も技術も素晴らしい。録音が古くて印象的にはノイジーな雲に覆われた感もあるのが残念。

続きを読む

ラヴェル:ツィガーヌ

フランチェスカッティ(Vn)マルティノン指揮シカゴ交響楽団(SLS)1966/3/17シカゴlive

このソリストにしては無個性かな、という気もしたが、激してきたところの技巧の完璧さに沿うように音色も甘さが出て、あのフランチェスカッティの音になる。ライヴで細部までミスが皆無、これはすごい。それはオケにもいえる。マルティノンが弛緩傾向を示さずじつに職人的にオケをソリストと融合させている。これは正規レコード化してもおかしくない演奏だなあ。最初に述べたようにカンタービレのない曲だからソリストのメリットがあらわれにくいのは確かだが。盛大な拍手だがブラヴォの出る場所ではない。ステレオ。

ラヴェル:ボレロ

プレートル指揮フィレンツェ五月祭管弦楽団(MAGGIO)2004/3/6(5/6?)コムナーレ劇場live・CD

5月録音としているデータもあるが盤には3月とある。独特で、生半可な指揮者には許されなかったであろう演奏。巨匠の時代を彷彿とさせる。否プレートルこそ巨匠の時代の最後を飾る指揮者だったのかもしれない。恣意的にデフォルメされた歌い方は最初から最後まで統一されており各ソリスト任せのものではない。盛り上がりも力技はなかなか出ず、柔らかなフレージングと響きで不思議な美麗さをはなつがこれも妙に末尾を引き伸ばす表現による恍惚感をもたらす結果の感想か。太鼓陣は中でも一貫して強く正しいリズムを保つ。いや、そうしないとこの歌い方ではグズグズになるのだろう。全楽器が出るとやにわにブラスが力強くなる。表情は普通のボレロの英雄的なそれになる。それでも音符の入りも終わりも松葉が付くような感じて柔らかく、ここは好き嫌いがあるだろう。ボレロを大きなクレッシェンドの音楽とするならば、これはあまりクレッシェンドした感じは最後までない。それまでになかった自由な音量変化もあるものの、わりとそのまま終わる。個人的には竜頭蛇尾的。拍手は一応盛大だがこの人にしてはブラヴォはすくないのではないか。

ラヴェル:幻想的歌劇「子供と魔法」

○ロザンタール指揮ORTF&CHO他(ina)1962/12/6live

不安定で撚れのある個所もあるがおおむね安定したモノラル。時代的にステレオにしてほしいものだがinaがどこかからかき集めたコピー音源かもしれない。優しい曲でそれほど長くもなく、マ・メール・ロア(マザーグース)の世界にピアノ協奏曲の素材を入れて洗練させたがごとく伴奏もきらびやかで繊細でロザンタールらしい色彩的なオケに、少し大仰ではあるがとてもフランス的な歌唱が入る。上演版でキッチュな場面では笑いも入る。最期はママンのゆったりした女声のあとブラヴォ。いや、ステレオで聞きたかった。Amazonデジタルで配信中。ルーセルとの組み合わせ。

ラヴェル:スペイン狂詩曲

デルヴォ指揮コロンヌ管弦楽団(COMMAND/forgottenrecords)1961/5パリ

このfrのラヴェル集は解像度もよく内容も素晴らしいので、他に買うものがあればぜひ、かつては幻のLPとされた音源をCD-Rで手軽に楽しんでほしい。瑞々しく派手でリズムの切れている、それは録音のせいだけではない、演奏が良いのです。ラヴェル唯一の純粋な管弦楽曲、さらに得意とし思い入れもあるラテンのものであるからして、冷徹さより熱気を重んじるところもあるが、そこを重くならずカラッと揚げているデルヴォーに乾杯。

ラヴェル:ハバネラ形式の小品(ヴァイオリン編)

ジェラール・プーレ(Vn)リグット(P)(SAPHIR)2001/12/8パリ(アルシペル)live・CD

ホール経営社による自社レーベルだが2000年代前半までの大物最後期のライヴ録音などマニアならずとも聞いておきたいものや他にないフランス音楽のレパートリーをまとめて聴けるので、レーベルとしてすでに存在しないがAmazonデジタル配信などで試してみてほしい。日本のヴァイオリン界に多大な貢献をされているプーレ氏が、ただ派手だったり原典主義のストイックさを聴かせたり程々の技巧で無難にフランス音楽としての音色だけを保ったような演奏ではなく、むろん高度な技術を背景に、時には楽曲の本質を刳り時にはまるで「再生機」のようにただ忠実な音を出すことで、楽曲それぞれへの即応性の優れたさまを示している。現代あるべき演奏の一つの模範を示し、例えばこの曲では抑制的に、音色が音楽を奏でているようだ。柔らかく、しかし精緻。

ラヴェル:ボレロ

デルヴォ指揮コンセール・コロンヌ管弦楽団(COMMAND/forgottenrecords)1961/5パリ

これが意外や意外?まっとうにボレロでイメージ通りのボレロ。オケの音が少し鄙びているなどあるかもしれないが私の耳には久しぶりの変化球でも即興でもない、ほんとのボレロが聴こえてきた。音量変化はわりと最初から大きめだが、終盤で想像以上にでかくなるので問題なし。リズムは重めというか少し落ち着いたテンポだが、むしろこれがボレロだろう。耳のお口直しにおすすめ。

ラヴェル:バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第二組曲

デルヴォ指揮コンセール・コロンヌ管弦楽団(COMMAND,forgottenrecords)1961/5パリ

音が良いせいもあり、デルヴォーがそういう音作りをする指揮者ということもあり、リアルな肌触りの夜明けは、夜明け以外の何かの派手な幕開けに聴こえる。ただアクの強い表現も慣れてしまえば、デルヴォーのラヴェルってこうだったな、世俗的なダイナミズムをフランスの音で発する、そういったところで一曲目も中盤以降は、変な解釈も気にならなくなる(これは何もコマンド録音に限らないが)。緩急の緩に欠ける、という表現は大雑把過ぎるけど多用してしまうが、ここでは音色表現において緩急に欠ける、と書いておこうか。濃淡と言ったほうがいいのか、何かそれも違う。すでに迫力があり、だが求心的なミュンシュとは些かも似ず、拡散的であり、しかも豪速球というか、ロザンタールともまた違う。主情的なところがある。三楽章の盛り上がりには誰もケチを付けることはできないだろうが、他の人のラヴェルとは一風変わっている。個人的には構成的にカタルシスを得られなかった感じ。

ラヴェル:ボレロ

パレー指揮デトロイト交響楽団(SLS)1975/8/16liveミードウ・ブルック音楽祭

小気味いい!パレーの十八番、ラストはこれでカラッと突き進む。ポリトナルな響きの強調(これを違和感なく、しかししっかり聴かせられる人はそういない)気持ちよすぎるリズム、リズム、リズム!客席録音なのか冒頭から環境雑音が気になるものの、パレーのわりと毎回違う印象を与えるが毎回ワクワクさせること請け合いの「解釈」が、機能的で音にクセのないオケにより爽快に表現され、粋だ。素晴らしい終幕。大ブラヴォ。

ラヴェル:ラ・ヴァルス

デルヴォ指揮コンセール・コロンヌ管弦楽団(COMMAND/forgottenrecords)1961/5パリ

デルヴォーの変態性が全面に出た演奏で、とにかく派手派手で、ねちっこいフレージング、ポルタメント多用の下品な節回し、恣意的な操作の数々、聞いたことのない異常なテンポ変化の付け方はとてもウィンナーワルツではないし、ワルツですらない。スヴェトラーノフは変態ではなく大熊だが、デルヴォは間違いなく変態である。まあ、察してください。オケの音色、表現が見事にデルヴォーの意図を汲んでいる。

ラヴェル:道化師の朝の歌

デルヴォ指揮コンセール・コロンヌ管弦楽団(COMMAND/forgottenrecords)1961/5パリ

稀少LP盤で知られていたものの他録と同じという説もあるものをfrがCD-R復刻したもので、音は極めて良く、値段を厭わなければこちらだけを購入しておいても良いと思われるほど、まとまったラヴェル集となっている。嚆矢を飾るこの曲は派手なデルヴォーの響きはありながら、むしろ華々しさによってこそ曲のラテン風味が活きてくる。残響多なので誤魔化される部分もあるかもしれないが、艶のあるオケが良い。

ラヴェル:弦楽四重奏曲

パスカル四重奏団(forgottenrecords)1956/11/24live放送

エアチェックだろう、途中混信のような喋り声の入る音源。同じ盤のシベリウスも冒頭から混信が入る。しかしこのラヴェルはいい。パスカルは落ち着いたテンポであるがオールドスタイルのフレージングや解釈を施して、ラヴェルの感傷性をよく引き出して聴かせてくる。楽団のアンサンブルも安定して音色も表現も調和し、ライヴなのに乱れない。熱気が出ないのに感情的、なおかつ終楽章の五拍子リズムを非常に正確に取っているところに象徴されるように、情に流された演奏ではないところが凄い。低音が少し無個性で弱い部分もあるが、ファーストが音色の魅力で持っていってくれるのでそれを支える役目でいるところは違和感はない。これは録音の問題がなければ勧められた。

ラヴェル:マ・メール・ロア組曲

アンゲルブレシュト指揮ORTF(forgottenrecords)1961/7/4live

モノラルではあるがこれは素晴らしいライヴ。アンゲルブレシュトのちから強く確信に満ちた表現に心奪われる。七曲それぞれ夢幻溢れる美しく無邪気で、時に劇的に、最後には春の光差す庭園の緑の霞むが如く管弦楽版を感情的に…感傷的に描ききっている。アンゲルブレシュトは独自の編み方をしているが、ライヴ記録なりの迫力があり、オケも瑕疵なく一心同体となってラヴェルの世界を展開していく。拍手も盛大。

ラヴェル:マ・メール・ロア(ピアノ四手原曲)

ダルレ、フェヴリエ(p)(forgottenrecords)1958/6/17パリlive放送

放送エアチェックか、混信的なノイズが入る。この原曲の難しさがよく伝わってくる。ラヴェルのお気に入り(というか友人の子供という感じで可愛がった)フェヴリエは後年のような遅いテンポはとらず速いダルレにつけているが、いかんせんテンポ感や、こんな重音アリかというような響きの調和において、ズレを感じさせる。この不格好さはライヴだから仕方ないともいえるし、フェヴリエのタッチにクセが強いせいのようにも感じた。よたるというか、音圧のかけ方に偏りを感じる(Adesセッション録音集ではスピードを落としてもペルルミュテールなどにくらべ音色はともかく表現にクセは残っていたように思う、、、サイン入りLPが二束三文で出ていたなあ、CDあったから買わなかったけど)。雰囲気(音色)はギリギリというか、ラヴェルなので、繊細にするにも単純なのに工夫が強すぎて限界があり、録音状態のせいかもしれないが、強過ぎる寸前の感。妖精の園はそれでもゆったりとしているから、終わりの方はリズムも交錯しないし無茶な重音もないので、鐘の音の下で木琴のグリッサンドのように残響のないタラララをやって、拍手は普通。

ラヴェル:スペイン狂詩曲

フレイタス・ブランコ指揮スイス・ロマンド管弦楽団(forgottenrecords)1959/04/17ジュネーヴlive放送

放送エアチェックレベルのノイズや撚れが気になるモノラル録音。中プロとして演奏された、得意のラヴェルである。色彩的で力感もかなりのまっとうな演奏であり、音色は透明でアンセルメ的だが表現はフランスの指揮者である。細かい音符まで明確に聴かせる指示もこのオケにとっては当時お手の物だったろう。ロザンタール的なテンポの落ち着きはあるが、打楽器の重い音による派手っぷりは少し違う。技巧的にも問題ない(すこうし反応が遅いか)。壮絶な終曲にブラヴォ終演。

ラヴェル:ラ・ヴァルス

ミュンシュ指揮ボストン交響楽団(RCA)CD

何といっても正規セッション録音を先ずは聴くべきだろう、戦後ミュンシュのラヴェルは。この曲はたくさんライヴ録音がのこっているがすくなくともBSOとのセッションは必ずコンサートで披露してからの周到なもので、妙な破天荒さを求めなければ、そのライヴより劣っていることはけっしてない。この演奏もボストン交響楽団のパワー、あけっぴろげに轟かせる響きを存分に聴かせるよう録音されており、こんな音を出すオケなんだという見本で、ラストへ向かっての畳み掛けもミュンシュはテンポを揺らさず真っ直ぐに圧をかけていく、オケはそれを忠実に、明確にはっきり打ち出してくる。軋みも生じようものだがセッションではギリギリの線でぶつけてくる。ワルツの愉しみなどといった生温いものはない。破滅へと向かうデモーニッシュな舞踏を、ミュンシュのもとに叩きつけてくる。これを軸に興味があれば、いろいろ聴いていくと幅は広がって行くだろう。

ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ

ミュンシュ指揮ボストン交響楽団(RCA)1952/10/27・CD

モノラル。ホルンをはじめとして管楽器の音色表現は柔らかくも味がないが、弦楽器の震えるようなヴィヴラート、フレージングは感動的。もっとも音色が均質すぎてそこの綾はあまり味わえない。

ラヴェル:ラ・ヴァルス

ミュンシュ指揮ボストン交響楽団(BSO,IMG)1962/2/2放送 live・CD

放送日との表記があったので演奏日としなかったが詳細不明。荒いステレオ。なまなましく明晰だがノイジー。演奏は前半落ち着き気味で、壮年から晩年への過渡的な感じもする。録音がそういう状態なのでボストンの音だと少しやかましく、ブラス、打楽器系がとくに耳障りなのはけして演奏のせいではない。派手な響きにテンポがあってきて速い流れができるも、緩やかになるとアンサンブルも緩やかになるというか、雑味があり、バレエ音楽として重要なリズム感も失われがちになる(元よりバレエ音楽として同曲を演奏したことはないだろうが)。浮き立つ気分はリズムに裏打ちされるもので、難曲なところをスピードと力で押し通すミュンシュとしては、力は十分だがスピード変化に楽団の表現がしっくり合ってこず、リズムのキレというか、その流れ、まとまりがない感も否めない。最後の方も、録音バランスのせいかもしれないものの弦楽器にもっと張って欲しい。物凄いアッチェランドで強引なブラヴォ誘導。

ラヴェル:3つのヘブライの歌

グレイ(Msp)作曲家?(P)(polydor/cascavelle他)1932/6パリ・CD

ほとんどの復刻が二曲抜粋なものの(作曲時期が1910年と14年に別れるせいか)、いずれも短いので一曲欠けるくらい些細なことと考えれば自作自演として普通に聴かれてきた録音。だが、cascavelleが三集にわたって大成したラヴェル集およびマドレーヌ・グレイ集としてCD一枚にまとめた音源のデータには従来と異なる記載がある。グレイ夫人の伴奏として自演と言われていたが、無名のピアニストへの指示だけで自分では弾いていない(ラヴェルが自作自演したものはピアノロールしかない)可能性が強いとのこと。録音技術への不審があった、などどういう根拠なのかわからないが、「マダガスカル島民の歌」より小規模でぐっと単純なので誰が弾いても伴奏の範疇でしかなかろう。明瞭で曇りのないタッチ。グレイ夫人の歌唱は癖があって嫌われたそうだが若い頃は正確で音域幅があり、同時代の作曲家に好かれた。それはカントルーブより捧げられたオーベルニュの歌(録音は抜粋、cascavelle等のグレイ集にも収録)からも、復刻の少ない戦前戦中SP録音からも窺い知れる。ここでは単純な歌を恐らくわざと崩して歌っていて民族性を出している。ヘブライ音律が支配的なマジェスケはピアノもろともさほど個性を必要としていない。2分弱の同曲のあと、ラヴェルにはしばしばあることだが不格好に長いカディッシュが入る。3分半あまり、繊細ではあるがピアノは少しも難しくない軽いタッチの歌である。民族的にやるべきところだろうが、この演奏はわりと真面目で面白くない。1分に満たない終曲「永遠の謎」こそこの曲集の要とも思うが、よくレストアされているとはいえ音数の少ない曲の神秘的な叙情を醸すには分が悪い。

ラヴェル:バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第二組曲

ミュンシュ指揮フィラデルフィア管弦楽団(PO)1963/3/7live放送・CD

フィラデルフィア管弦楽団自主制作ボックス所収の音源はいずれも音質に問題がある。立派な箱に装丁なのだが私のボックスには不良盤すらあった。この音源も最初は篭っていて木管が聴き取れず同曲の始まりとしては首を傾げざるを得ないバランスの悪さで、ラスト近くでもノイジーになる。いずれ音像が古ぼけてフィラデルフィア管ならではの色は感じ難い。ただ、一、二楽章の陶酔的なテンポは一聴に値する。ミュンシュの千両役者ぶりが発揮され、音楽は流れのままに極端に伸縮し自己陶酔の極みである。そこを綺麗にやってのけているのはこのオケの技量を窺い知れるところだろう。録音状態が良くないので音色の魅力には言及しづらいが後半は木管の太く明確なフィンガリングが聴き取れ、音楽を盛り立てている。肝心の弦はどうもやっぱり明確に立ってこない、これも録音のせいか。大ブラヴォの終演で、テンポと音量変化だけでも確かにミュンシュの良いところが出まくっているのはわかるので、聴かず遠ざけるには惜しい音源ではある。

ラヴェル:ラ・ヴァルス

マルケヴィッチ指揮フィルハーモニア管弦楽団(COLUMBIA/HECTOR他)1952/9

狂乱のワルツ。冒頭から荒れまくるロシア節とバレエ指揮者としての見事なリズムで煽る煽る。オケが良く指揮者にぴたりとつけていく。技巧的にすぐれたオケでなければコウハかないし、多少羽目を外した揺らしやハスキーな発音も下品に聴こえない。統制はマルケだから厳しく、しかし崩壊に向かう終盤では音符の横の長さをしっかり取って響きをより壮大にぶちまけて、大見得切って終了。これは録音のふるさをおいておけば素晴らしい。
プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード