シリル・スコット:ホーンパイプとシャンティ

◯ストコフスキ指揮ハリウッドボウル交響楽団(scc:CD-R)1946/7/21live

カッコイイです。ガランタからグレインジャーと民族舞踏の末にこの焦燥感を映画音楽的な聞き易さで濾過したような派手な曲、オケはお疲れ様だ。しかし、このオケがまたつかれない。弦はよく聞こえない部分もあるので細部はわからないが管打はキラキラしている。印象派を映画音楽に転嫁した音楽は気持ち悪いわけはない。客席反応は普通だが、楽しめた。
スポンサーサイト
プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード