スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマズイユ:カンタービレとカプリッチョ

カルヴェ四重奏団(melo classic)1948/11/29パリ放送録音・CD

こういう「カンタービレの曲」に向くんでしょうね、結局。オールドスタイルなカルヴェら(ほとんど上二本だけという気もする)の流儀は正確かつ厳格さを求められる現代曲には向かず、あるていど自由に歌える少々古風な曲じゃないとだめ。自在なボウイングにあわせたポルタメントにてんめんとしたヴィヴラートは音程をブラすし、同時放送されたミヨーでははっきり言ってハマらなかったが、長い音符からなるロマンティックなメロディをもつこの曲ではとても感情的で、救われる。個性は鰻の山椒程度にしかあらわれないが、案外よい、ほどよい近代フランス音楽なので機会があれば。
スポンサーサイト
プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。