ダニエル・ルシュール:交響詩「アンドレア・デル・サルト」

ミュンシュ指揮ORTF(ina)1950/7/24live・CD

それにしても同日の録音は極端に音が悪く閉口する。現在はAmazonデジタルミュージックで、ina配信ではナレーション含む放送全編が販売されている音楽会の嚆矢を飾った新曲(原曲は40年代の歌劇)。折衷的な作風は重苦しく晦渋な厚ぼったい音楽にメシアンらと「共通の」響きを振りかけた程度で、平板で、音楽に起承転結を求めたい人には勧められない(11分ほどなので、アメリカ近代アカデミズム交響曲を楽しめる向きには十分耐えられようが)。正直フランス的ではなく前時代的ということで響きの厚ぼったさでは共通のミヨーの機知を求めても無駄である。アンドレア・デル・サルトはルネサンスの画家。ミュンシュについてはどうもぱっとしない。音楽のせいでもなさそうだ。ボストンならもっと鋭く彫刻できたであろう。しかし悪録音の影響も大きい。演奏中にしゃべり声が聞こえ、ミュンシュのいつもの掛け声もあるが、これは正規とされているがエアチェックか何かではないのかとも疑う。まあ、前座曲として聞き流すべき演奏。ルイ・フロマンがルクセンブルク放送管を振って録音したものがセッション録音としては唯一のCDか。
スポンサーサイト
プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード