ノーノ:カンタータ「生命と愛の歌」(広島の橋の上で)(1962)

プリッチャード指揮LSO、Collier,Dorow(sp)リチャード・ルイス(t)(PASC)1962エジンバラ音楽祭初演live(bbc放送音源)

三曲からなり両端は8分強、中間が短い。それぞれノーノらしいメッセージ性の強いテクストが採用されており、最初の曲が広島においてかかれた書籍に基づく「広島の橋の上で」として全曲の題名となっている(このpristine久しぶりの発掘音源(CDでも入手可)ではアナウンスが入っており、曲名を「広島~」としている)。まさに往年の前衛音楽といったらこれ、という響きで耳を懐かしくつんざくノイズが1楽章を支配し、アイヴズを思い出させる弦のグリッサンドから「戦後現代音楽の同時代性」を披露するもので、わりと聴きやすいと思う向きもいるだろう。3楽章の打楽器主義的(アフリカを象徴しているのである)音楽にはラヴェルのマダガスカル島民の歌まで遡れるわかりやすさがあり、全般には本質的直系ともいうべきシェーンベルク無調時代の作風に近似した要素がちりばめられており、ソプラノにシェーンベルクやツェムリンスキーの「どこかの遊星へ行ってしまいそうで結局行ってない」風味がよく残されている。ブーレーズらの先鋭さ、発明、削ぎ落した表現からすると古いのかもしれないが、「人を不快にする前衛」としては音響が肉付きよく耳なじみよく、たとえ聴衆がブーイングを叫んでいても拍手の中に埋もれるくらいには「不快ではない」。それはプリッチャードがロマンティックな味付けというか、この人はフランスでも活動していたと思うが(このあとドビュッシーの夜想曲になる)耳なじみよくならしていて、wergoのギーレン盤のように冷たく構築したものではない、すなわちロスバウトのような演奏ではないから、逆に、迫真性を損なっていると思う人もいるかもしれない。対照的な三章を束ねた作品だが両端で似通った雰囲気を持つ、そういう形式的に整ったようなところも人によっては「甘すぎる」演奏と感じられてしまうかもしれない。放送レベルの録音水準。ステレオ。
スポンサーサイト
プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード