アンタイル:ヴァイオリン・ソナタ第1番~Ⅳ.

べッス(Vn)デ・レーウ(P)(TELEFUNKEN)

デ・レーウのアンタイル管弦楽曲ライヴの埋め合わせに2番ソナタとともに収録されていたレコードで、CDでは管弦楽曲だけしか確認できていない。ライヴではない。プレスト楽章だけだが、冒頭から強靭で単調なリズムにのって単純なモチーフが継々と並べられていくだけで、いかにもアンタイルらしい機械的な動きの上、アメリカの世俗的な、わかりやすいフレーズから、バルトークのような知的な暴力性を帯びた(しかしやはり技巧的なだけで構造は単純な)音楽、終いには実験主義を思わせる抽象的な前衛に至り終わる。ひたすらの旋回はほぼストラヴィンスキーをなぞったに過ぎないが(ハルサイの素材を忍ばせてすらいる)、いつ終わるのかわからない、ただ主題と手法が変化していくだけのデジタルなところはアンタイルのいわゆる騒音主義を前提とした作風の原点を示している。編成が極小だから拡大のしようがない。デ・レーウが上手い。ソリストは特殊な奏法もよく弾きこなす(どうやったらあんな離れた重音を取れるんだろう(むろん不協和音))。
スポンサーサイト

アンタイル:ジャズ・シンフォニー

デ・レーウ指揮オランダ金管アンサンブル他(TELEFUNKEN他/london)1976オランダ音楽祭live・CD

londonよりデ・レーウ75歳記念ボックスでCD化されたが、ヴァイオリン・ソナタを欠いているのと得意としているサティが収録されず完全に前衛音楽集となっているゆえ、その中では古典的な(昭和元年前後)ジャズ風作品であるこれ目当てに購入するのはおすすめできない。6分強の作品で交響曲というよりアーチ構造を持つメタクラシックの小品に近く、当時最先端の騒音主義に立って打楽器を中心とした無造作で派手な音響を志向しながらも、リズムもメロディもしっかりラテン音楽、古典ジャズを一見アイヴズ風に組み入れて、クラシカルな音楽としてしっかり作られており、ガーシュウィンと比較されたのはさもありなん、シンフォニック・ジャズとしてミヨーらヨーロッパの作曲家による異化されたものとは比べ物にならない出来栄えで、無邪気なドン・ギリスというより総体的にヒナステラの先駆と言って差し支えないかもしれない。もっとも素直に楽天的に楽しめるものではある。この演奏は当時放送され評判となりレコード化された。比較的透明感を持って、勢いに隠されがちな曲の構造の巧みさを示してなお熱意が篭り喝采を呼んでいる。

アンタイル:交響曲第5番「歓喜」

○ヘフナー指揮VPO(Other Minds)CD

50年代のモノラル録音。原盤はSPAか。代理指揮者や同時代音楽指揮者としても録音活動をしていた中欧のヘフナーとVPO(実体はVSOか)による演奏というちょっと珍しさも感じさせるもの。自作自演集CDに併録、今はamazonのmp3ダウンロードでも手に入る。曲は平易で、普通の意味でメカニカルな楽しさが追求されている。ショスタコ風だがショスタコが決して書かないような甘い旋律を誇る中間楽章をはさんで、あからさまにプロコ後期からのヒョウセツをちりばめたオネゲル的な素朴でけたたましいオーケストラの饗宴を聞かせている。私はこの演奏は悪くないと思う。充実した響きと適度な精度で、弛緩も感じさせない。暴力的な魅力は少ないが、むしろそういう音楽なのだからあたりまえだろう。切り落としたような終幕などうまくないが、これも曲がそうなのだ。アンタイルは晩年映画の世界で活躍した。それもうなづけるメタ的作品ではあるものの、部分的に現代的な不協和音が取り入れられ、才気かん発なところは感じられる。○。アンタイルの5番は二曲あるが一般にはこちらを言う。

アンタイル:マッコンキーのフェリー序曲

○アドラー指揮ウィーン・フィル(SPA他)CD化 「アメリカの生活」と銘打った盤で、カウエルなどの比較的平易でアカデミックな作品が併録されている。アドラーは器用な指揮者ではないが手堅いので、こういうマイナー曲でもしっかり表現してくれる。この曲はちょっと聞きバーバー「悪口学校序曲」に似ている。最後がいきなりブツっと切れるような構成も似ている。また、この盤の曲全体に言えることかもしれないが、構造的なところはヒンデミットを、響きには後期ヴォーン・ウィリアムズを、垢抜けたリズム感にはウォルトンやコープランドを想起する。ジャズふうのパッセージの導入もみられるが、アメリカニズムは希薄で(無論ヨーロピアンな演奏のせいもある)、充実した書法の反面個性には乏しいと言わざるをえない。でも、面白いのだ、それで十分。アンタイルはアバンギャルドな未来派音楽で知られる作曲家だが、決して実験的作品だけではなく、こういうしっかりしたロマンティックな曲も書けたのだ、ということを改めて知らしめる。意外ですらあったが、考えてみればケージでさえ初期はマトモな曲を書いていたわけで、アメリカの作曲家侮るなかれ、といったところだ。ちなみに題名はうまく訳せませんでした、すいません。佳演としておきます。, 二枚組CD"antheil plays antheil"に収録された。
プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード