パバロッティ氏死去

歌唱は得意分野ではないのだが、この名前は知っている。パバロッティ・アンド・フレンズというdecca盤でスティングと共演していたから。

パバロッティ氏死去 テノール歌手2007年9月6日(木)14:10

 ルチアーノ・パバロッティ氏(イタリアのテノール歌手)ロイター通信によると6日死去。71歳。イタリアのモデナ出身。61年、レッジョネレミリアの声楽コンクールで優勝し、同市立歌劇場で「ボエーム」のロドルフォ役を歌ってデビュー。典型的なベル・カント唱法と、輝かしく、張りのある美声は「キング・オブ・ハイC(高いドの王様)」と呼ばれ、ファンを魅了した。映画やテレビにも出演。(ローマ共同)
AUTHOR: けん URL: DATE: 09/06/2007 18:35:46 Unknown
まぁあのメタボ体格で良く生きたと思うよ。
お疲れ様ってところかな。
関連記事
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パバロッティ 2007/09/03~09/09

パバロッティの最近の情報です。

コメント

非公開コメント

可哀相

三人でも意見は別れていたようですし、大人の事情がありそうで。。そもそも方法としてはイベントやロックコンサートの方法で売られたので、本人たちは不幸でもあったと思います。このひとは喜んでいたほうだったような気もしますが。

Unknown

デッカの技術の粋を生かした、三大テノールですか。



ショルティ曰く「彼はいつもうれしそうにスパゲティ(パスタとはいっていなかったので)」を抱えてきてさあパーティだって言うんだよ」とパバロッティを好んでいたようです。



まあともかくご冥福を

社交人

最も社交的でクロスオーヴァー活動も好んだ人なだけに、名前先行な感じも否めないところではありますけど、評価はその身罷った後から出てくるものでしょう。。。今は冥福を、ですね。
プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード