ガーシュイン:キューバ序曲

○スヴェトラーノフ指揮ソヴィエト国立交響楽団(放送)1980/1live

最初は余りの遅さにブラス崩壊し、最後は余りの速さに弦崩壊するというスヴェトラらしい傍若無人な演奏スタイルが反映された面白くも首をひねる演奏。しょうじき、同曲の北欧オケの録音が別にあったと思うので、そちらが聴けるならそちらで判断願いたい。これはもう、ねっとりした中間部含め奇怪すぎる。崩壊するロシアオケというのはライヴでは珍しくないものの、これは余りに崩壊しすぎている。ガーシュインの底浅さも露呈してしまう。部分部分美しい場面もあるし、ソロ楽器によってはとても聴かせるが、まあ、おまけで○。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード