グラズノフ:5つのノヴェレッテ~Ⅰ.スペイン風

グラズノフ四重奏団(Mus)1930

名前に恥じない演奏。グラズノフの特徴が詰まった曲を音程狂いも厭わぬくらいてんめんと。しかしテンポは揺らさないで突き進む。中間部少しダレるのは曲のせい。同曲集は軽いサロン音楽として、部分抜粋がしやすくアンコールピースとしても重宝される。長さ的に一面5分が限界のSPに向くせいか同時代録音が多く、シェフチク=ルホツキー弦楽四重奏団やポルトロニエリ四重奏団(四曲(Ⅰ.スペイン風、Ⅱ.東洋風、Ⅲ.古風な間奏曲、Ⅴ.ハンガリー風)録音している模様、うち2曲はイタリアの図書館書誌サイトで各30秒だけ聴ける)、ローマ四重奏団など録音がある。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード