ハリス:交響曲第3番

バーンスタイン指揮NYP(von-z)1985/12/5live

暗く重い出だしから、後半になるに連れだんだんと明るく鷹揚になっていく単一楽章の曲で、アメリカ的なトランペットの走句など交え、シベリウス的な壮大さにいたるこの現代アメリカアカデミズムの模範的作曲家の代表作。最後の破壊的なティンパニはバンスタならではの演奏効果を狙った見事なもの。正直ほかの指揮者では聴いてられない曲、、、かも、、、
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード