ドビュッシー:3つの交響的エスキース「海」

コッポラ指揮パリ音楽院管弦楽団(gramophone/lys)

よく鳴る演奏でオケのレベルも高く(個性より)機能性が発揮され、昭和初期の当時は鮮烈な印象を与えたことだろう。くっきりと明解で、曲に解釈を加えず、楽器に勝手な表情を付けさせず(時代なりの奏法はある)、スコアを率直に音に変えた点、ほかにも似たようなスタイルの無名SP録音があるにはあるが、コントロールは大したもので、一定の評価を得ていたのは想像にかたくない。あまりに即物的で今の耳からすると「つまらない」のは仕方ないかもしれない。最後の切り方など、余韻も何もなく句読点を置くだけで、それはそれで個性的だが型通りの構成にはまっているだけだ。サウンド的には十分の演奏。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード