スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yves St-Laurent Studioのショスタコーヴィチ自作自演新譜について(検証)

この裏青レーベルslsは元々はSP板起こしレーベルで、CD既出であっても針音(情報量)を削らず原音再現を謳っており、それを目当てに好き者さんが買う類のところだった。最近は発掘音源ばかりで、こちらひさびさに原盤明記され目立ったので、データだけ調べてみた。もともとSP期のものであり、またこのレーベル自体もデータが不正確な場合も多く、記載録音年が一年程度ズレていても問題としない。

結論から言えば全て既出と思われる。CDに絞って以下記述する。

http://www.78experience.com/welcome.php?mod=disque&disque_id=797

YSL 372 78 CHOSTAKOVITCH Vol. 1

原盤(SP) SUPRAPHON G 14920
(これだけではないと思うが。。)

ショスタコーヴィチ(P)

★前奏曲op.34
~8(2種※)
~14-19
~22※,24
1950/7 ※1947
(既出盤)
RUSSIAN REVELATION - Shostakovich plays Shostakovich - RV 70007 プラハ録音:22番は1950/7録音と計2種収録
(既出が疑われる盤)
SYMPOSIUM 1314:加えて23番が収録、現役(ジャケが2バージョンある模様、このレーベルも針音を削らない)

★ピアノ三重奏曲第2番
ツィガーノフ(Vn)シリンスキー(Vc)
1946
(既出が疑われる盤)
DOREMI、lysなど多数(盤によりデータ違いあり)

★前奏曲とフーガ
~6、7、20、22、24
1952/2/5
(既出が疑われる盤)
VENEZIAなど(1-8,12,14,16,20,22-24)
(同曲異録音)
warner(1958パリ、★は不明)(1,4,5,6※,13※,14※,18※,23,24★)現役 ※以外は他にも既出盤あり
The Moscow Tchaikovsky Conservatory(1953/12/3モスクワlive)(3,5,8,12)現役

以上
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。