ドビュッシー:管弦楽のための映像〜Ⅱ.イベリア

ミュンシュ指揮ORTF(ina)1950/7/24live(放送)

inaから代理店ルートで販売されているダウンロード音源はエアチェックではないかと思うほど状態が悪く、キンキンとデジタル化失敗というかmp3の難点を前面に押し出したようなものでかなり辛い。加えてこのトラックでは第二部冒頭近くで結構な欠落があり(これもブツブツノイズだけ入り放送受信ミスのような感じがする)、私はもうどうでもいいが、興味を持ち、かつまだ聴いていないかたはぜひ、ina.frから直販されているダウンロード音源(放送そのものをすべて収録しておりトラック分けは無いがかなり廉価です)でも同じかどうか確かめてほしい。演奏自体は最初こそ硬いがすぐに集中度の高い強靭な演奏になる。リズムの激しさ、音響の凄まじさ、イベリアはこれでいい。さすがに乱暴さは少なく、手慣れた十八番であることを示したものだ。最後は大喝采。プーランク自演ピアノ協奏曲なども収録。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード