ブルックナー:テ・デウム

ミュンシュ指揮ボストン交響楽団他(DA他)1962/4live

一応ステレオ録音なのだがボロボロ。そのせいか演奏自体も小粒に聴こえる(この曲も24分程度だから編成の大きさはともかくブルックナーとしても大曲ではない)。オルガンも省略されており、曲の魅力がしっかり引き出されているとは言えない。合唱とオケのバランスは良く耳馴染みは良いが、ブルックナーといえばがっしりした堅牢な構造体で、そこに清新な和声が織り込まれているのが後期作品の魅力とかんがえるに、あまりにそつなくスムーズにまとめ上げられ過ぎており、特徴が際立ってこない。響きの移ろいはマスの流れの中に埋没して何処が聴きどころなのかわからない。瑕疵のない演奏で客席反応も悪くないが、録音のせいもあろう、引っかかりが無く、あっけない印象だった。作品的に関連性の指摘されるシンフォニー七番のライヴ録音もMEMORIESより発売中。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード