スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラヴェル:クープランの墓組曲

チェリビダッケ指揮ORTF(DOCUMENTS)1974パリlive・CD

チェリビダッケとORTFのタッグは長続きしなかった。そのぶん数が少ないのでina.frをはじめ(動画含め)ほとんどが音源化されているようだが、これは何故か復刻が少ない(今はインディーズで裏青盤があるらしい)。ステレオだが放送音質。僅かな録音瑕疵、ホワイトノイズがあり、人工的な残響が気になるが、それでもチェリの存命中に海賊盤化されたライヴ音源としては、同ラヴェルライヴ集にあってもすこぶる良い方である。ラヴェルは木管を異様に使う。この曲はほとんどが木管アンサンブルで出来上がっているため、フランスオケには有利だ。それぞれの細かなニュアンス表現が美しく、技術的にもすぐれ聴き応えがある。チェリビダッケは精緻というより繊細で、ミスを許さない現代的な態度の裏には細部まで配慮の行き届いた解釈がこのような色彩的な曲であればなおのこそ、魅力を最大限に引き出している。拍手カット。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。