ラヴェル:マ・メール・ロワ組曲

チェリビダッケ指揮南ドイツ放送交響楽団(シュツットガルト)(DOCUMENTS他)1972シュツットガルトlive・CD

冒頭から異様に伸び縮みする音符に驚く。チェリビダッケはまだ個性を色濃く付けた時期にあったが、独特の(スヴェノラーノフ的と言ってもいい)表現が徹底できたのはやはりシュツットガルトとかそのあたりの相性の良いオケとのセッションに限られていたのか。個々の楽器のニュアンスに細かく(かつ過度なデフォルメの)拘りが感じられ、総体としてもしっかりした構築性を前提に周到な解釈を楽団に徹底させ、やりたいことをやっている、と感じられた。この曲に過様なファンタジーを求める向きにはとても向いている。ピアノの小さな組曲から発展した可愛らしい曲なのに、一大交響楽と化しているのがチェリビダッケらしい。美麗な音色はORTFとの別の曲と較べても遜色ない。音質は放送音源レベル、DOCUMENTSのラヴェル集の中では悪い方、ステレオ、拍手カット。データ詳細記載が無いがDOCUMENTS盤は後発と同じ演奏だろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード