スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラヴェル:道化師の朝の歌(管弦楽版)

チェリビダッケ指揮ORTF(DOCUMENTS他)1974パリlive・CD

DOCUMENTS盤は月日記載が無く詳細データが不明だが、恐らく他で出ているものと同じだろう。ここではDOCUMENTS盤について書く。録音状態は前に収録されているダフクロ2組と雲泥の差のステレオ良録音で、データが同じなのに違う状態なのはこのラヴェルアルバムが海賊音源の寄せ集めだからだろう。リズムと装飾音の印象が強く旋律が顕わでない(ラヴェル自身の言葉どおりの)楽曲で、ここではチェリは変な解釈を入れずきっぱりとしたものに仕上げている。中間部の印象派的な空間も独自表現によって歪むことはない。拍手無し。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。