スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レスピーギ:ローマの松

チェリビダッケ指揮ORTF(ARTISTS/ina配信)1974/3/25live・CD

ina配信音源は僅か籠もり、特に初曲では左右が不安定気味。むろんステレオ録音であるものの環境ノイズもやや気になる。そのためか割りと柔らかい印象をあたえる。音響的には非常に整っておりチェリビダッケらしさがあらわれ、対照的に高音域、特にハープのきらびやかな走句が目立って聴こえる。オケの抑制的で上品な音は特筆すべきだろう。アッピア街道のクレッシェンドでは爆発的な響きが出、チェリのオケを鼓舞するような掛け声が入る。ものの、この曲を得意とした指揮者たちの力感にまかせた演奏に比べ整えた感も気になるのは確かで、一斉ブラヴォの圧倒的な客席反応に個人的には戸惑いも感じた。再生環境の問題か。長いブラヴォ拍手がえんえん収録されている。ラヴェルの楽曲の演奏にみられるようなデフォルメは一切無い。ARTISTS盤より若干良い音ではある。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。