スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

ジャニス(P)パレー指揮ORTF(ina配信)1965/12/18放送(映像)

一貫して早いスピードでテンポの揺れは無く打鍵も充分強くテクニシャンぶりを発揮している。3楽章ではさすがにスピードに加え熱が入り荒れるところもあるが全般ほとんどミスは無い(ラフマニノフは音符が細かいのでこの丸まったモノラル音でこの質だとミスかどうかの判別も難しいが)。音だけでは他と相対的に端正にすら感じるジャニスが一定の評価を得ていたのはわかる。2楽章には力が入っているもののピアノの音色がどうにも硬質で一定し過ぎているのは残念。残念ついでにオケのオシゴト感がものすごく、パレーの解釈が揺れず真っ直ぐ突き進むという棒状のものということもあろうが(高齢のパレーの顔からは何の感情も伝わってこない)、あんまりにもスラスラただ弾いているだけで伴奏機械のようである。ピアノとアンサンブルするという気もなく見え(僅かズレる場面はライヴなので仕方ないし、そもそもアンサンブルを聴きどころとしない曲のせいでもあろう)、奏者は全員眉一つ動かさないで(サングラスかけていて眉が見えない弦奏者もいるので厳密には不明)最後だけボウイングを大振りして盛り上げて終わる。2楽章のクラリネットソロの音も、もともとそういうオケだとはいえ曲のかもすロマンティックな雰囲気を拒否しているかのようだし、2番ホルンが譜面を覗き込み続ける姿のクローズアップのみが感情的なものを伝える。テレビ番組の切り出し映像だが、冒頭、鐘の和音が鳴り始めるところでいきなり表題に切り替わり、そのあとも手先が見えないアングルで完全に映像であるメリットを消しているのは苦笑。そのあとの映像は悪くないが時代的に粗い白黒なのは仕方ない。DVDでも購買可能。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。