スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストラヴィンスキー:三楽章の交響曲

シルヴェストリ指揮フィルハーモニア管弦楽団(EMI)CD

キレッキレ。厳しい統制のもと驚異的な明晰さとテンポやリズムの攻撃性、設計の的確さに加え良好なステレオ録音の迫力に、とにかく聴けとしか言えない。若いうちに世界を手中に収め、アメリカでの長い余生で聴衆に日和った書法、旋律やわかりやすさを新古典主義の名のもとに注ぎ込んだところ、的確に押さえたシルヴェストリには今更ながら人気も頷けてしまう。両端楽章とくに一楽章には全盛期フィルハーモニア管の美しい色彩と技術含めて聴衆を惹き付ける魔力がある。ドヴォルザークやチャイコフスキーもいいが、ラヴェル的な管弦楽の複雑さを備えた曲こそ指揮者としての技量が明確になる。名演。シルヴェストリ正規録音は廉価ボックス化したことがあり、入っていたかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。