スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シベリウス:交響曲第7番

オーマンディ指揮ACO(eternities)1969/11/27live

オケ名は正しいのだろうか。どうりで底から唸り上がるような響き、最後の下品なペットの叫び(失礼)はいつものオーマンディではない激しさを示す。フィラデルフィア管の良い意味でも悪い意味でも安定した個性からはなれ、オーマンディは時折こういう客演記録が出るが、いずれ少し面白く感じる。この人はもっと客演をしたら評価は変わっていたのではないか。けして爆発的名演ではなく客席反応も比較的普通だけれど、ミュンシュ張りの凝縮力も含めて、ドイツ的な音が出ているのが面白かった。東欧の人だし、内面までアメリカナイズされてたわけでもないんですよね。しかもヴァイオリニスト出身だから弦のドライヴっぷり、統制がとれている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。