スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイコフスキー:劇的序曲「ロメオとジュリエット」

マルケヴィッチ指揮ワルシャワ・フィル(accord)1962/1live・CD

併録の近代曲二曲とくらべて時代の差異がはっきりついていると思いきや、マルケの方法は一貫していて、曲を整理してオケを磨き切り厳しくアンサンブルを整えエキセントリックな激烈な発音を要求する、打楽器がとにかくやかましいが対抗しうるほど弦に主張させる、メリハリは極端で、特有の個性的な和声は明確に浮き彫りにされ、むしろ現代音楽の方向にチャイコフスキーを引き寄せた解釈にも聞こえて違和感がない。ロマンティックな主題はさすがにロマンティックに歌わせるが、絡む他の楽器がしっかり吹いてくるので耽溺はしない。男らしくストイックなロマンス。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。