スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドビュッシー:チェロ・ソナタ

フルニエ(Vc)ホレチェク(P)(meloclassic)1957/3/9live南ドイツ放送・CD

まあ、地味である。しかし曲には合っている。フルニエなので極めて品良く、感情は抑制されている。枯れ果てもせず、しかし生命力もあまりなく、曲のそのままに流れて終わる。ボウイングが音にまったく出ず、流麗で横の流れが重視されている一方、技巧的には弱く激しい音符に付けられるべきアクセントが尽くイマイチで、三楽章でかなり粗が出る。ライヴだから仕方ないか。ドビュッシーのチェロソナタといって、こういう音色で、このように透明に仕上げるというのは「アリ」である。融和的なピアノ伴奏ともども、トリオソナタの雰囲気に近くなっている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。