ディーリアス:夜明け前の歌

サージェント指揮ロイヤル・フィル(EMI)1965版・CD

サージェントらしく仕上げている。薄明の音楽、黄昏の音楽と評されるディーリアスの管弦楽曲は音を減らすのではなく音を詰めた状態で和声的に動かしていく、そこが同時代のフランス前衛音楽的な新しさにもつながり、一方でしっかり書き込まれた内声部は中欧世紀末音楽的とも言われる。変に感情的にもならずスマートな捌き方をしてこそ本質がバランス良く現れる。サージェントは、イギリス瑞逸のオケに相当メリットがあるのも確かだが、同曲に要求されるものを全てきちっと盛り込んでまとめてきており、輝かしいくらいの音色によってビーチャムの時代の新即物主義的な表現から一歩離れた美しい結果を残している。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード