スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベール:祝典序曲

山田耕筰指揮紀元2600年泰祝交響楽団(columbia/rohm/altus)1940/12/18,19・CD

皇紀二千六百年祝典序曲、同じ意図で様々な国の作曲家に依頼された作品中では、シンフォニア・ダ・レクイエム(ブリテン)を別格・別枠とすれば最もすぐれた作品であるように聴こえる。新古典主義に立った明快な作風、弦・木管に施されている合奏協奏曲ふうの洗練された書法、ブラスの強奏を駆使したアメリカ的ですらある祝祭的表現、手抜かりのない和声の馴染み良さ、そこにはイベールなりの個性も忍ばせられているが、求められる物を求められた以上に提示するプロフェッショナルぶりがイベールという作曲家の職人性を見せつけるものとなっている。管弦楽の用法の巧みさは同時代のアメリカでフランスから影響された新古典主義的作曲家の作品と比べても明らかに上である(個性を犠牲にしているからとも言える)。日本人としてベルリン・フィルの指揮台に立ち録音を残したことでも唯一世界に知られた指揮者であったであろう山田耕筰の、恐らく新響(現N響)の鍛えぶりも相当なものだったことも伺え、作品自体が単純に鍛錬を成果として示しやすく出来ているからとも思えるが、SP時代の日本人オケとは思えぬ少しドイツ的なまとまりをもった意志的な演奏として今でも楽しめるレベルだ(但し録音状態の悪さはいかんともし難い)。とはいえ、ブラスは弱い。これだけ木管が吹けているのに、ヘナヘナして聴こえるのは録音のせいだけではあるまい。効果的な曲なので背景無視して、ショスタコの祝典序曲同様に今でも楽しむべき価値ある曲である。一連の委託作品を初演者山田か録音した中の一組。ネットでも聴ける。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。