スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドビュッシー:弦楽四重奏曲

パレナン四重奏団(ensayo)1970'・LP

一部ではスペイン録音で、EMIの録音とは違うとされている。正直違いはわからない。だが私の思い入れのぶん、いつも落ち着いたテンポで現代的な表現をなすこの団体に、部分部分に情緒的な揺れや起伏の感じられる演奏にも聴こえる。2楽章ではどうしても落ち着きが気になるが、3楽章はこの演奏の白眉たる美しく感動的な緩徐楽章に仕上がっている。両端楽章ではカルヴェを思わせるソリスティックな動きが僅かではあるが聴き取れるし、また、音色のそろった楽団と思わせながらも3楽章冒頭など実はけっこう違っているのがわかるのも面白い。ensayoのフランス音楽シリーズはドビュッシーでは他にスペインの奏者によるピアノ曲集、さらにラヴェル(これもパレナン)、ストラヴィンスキーがあるが、ラヴェルなど今すぐでも手に入るような代物なのに、これは10年かかった。やっと昨日、スペインから届いた。どういうわけか、高級中古店の人もこの盤は稀と言っていたが、取り立てて凄い演奏ではないのはプレミア盤の常。特筆できるのは併録のスペインの奏者によるチェロソナタの存在か。いずれとっくの昔にCD化しているかもしれないが、数少ないWant Listから一枚減った。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。