スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オネゲル:交響曲第2番

ミュンシュ指揮パリ管弦楽団(angel/EMI他)1967/12/28スタジオ・CD

ミュンシュ最後の録音群のひとつで、調和と抒情性に主眼の置かれた佳演。録音も、透徹した眼差しに見合う良好なステレオである。楽曲本来の構造をあきらかにし、ミュンシュにしては職人的で山っ気の無い表現~たとえば同曲で多用されるチェロソロがNYP公演ではやたらと前に出て主張しているがここでは相応の響きの中で役割を果たしているに過ぎない~それはオケが現代フランスの、アメリカオケやいにしえのフランスオケとは違う、角の無い滑らかな表現を高精度でやり遂げることができるからこそ成し得たものでもあり、ショスタコーヴィチを思わせる晦渋さがあらわにされる2楽章あたりでは飽きを来させるものの、逆にそれこそこの曲の「限界」でもあると感づかせる。しょせん勢いで押し切る曲であることは、3楽章でテンポの遅さ(前へ向かわない整えた感)からだろうやや弛緩した感じを覚えさせる点でもよくわかる。しかしトランペットが現れる前にすでに暖かく明るい音楽となり、スケールの大きな録音空間に響き渡るのは悪くない。音の厳しさの求められる場面での技術の点ではボストン交響楽団に水をあけるだろうが、フランスでこの曲をやるとこういう抒情味が醸されるんだという、ビールを飲んでばかりいたらワインを渡されたような、そんな芳香の違いを改めて感じさせる点では貴重な記録である。大編成だが専門室内楽団並みの聴き心地。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。