ルーセル:組曲ホ長調

コープランド指揮クリーヴランド交響楽団(SLS) 1970/8/1クリーヴランド ブロッサム音楽祭live

両端楽章の破裂的な舞踏表現、その迫力はまるで本職指揮者のようで、コープランドの作る娯楽的なアメリカ音楽の能天気な破壊性に通じる要素が同曲にあり、だからこそレパートリーとしたのだとわかる。新古典主義音楽だからといって娯楽的に煽って悪いわけはない。中間楽章サラバンドは抽象的な意味でも良演で、伝統的フランス音楽として適切に仕立てており、ルーセルの体臭や晦渋さは目立たない。現代作曲家として、殊更響きや構造を浮き彫りにするのではなく、音「楽」として「聴かせ」にかかっている。録音はノイズ塗れのステレオだが、ノイズがなければ「破壊的な」印象は変わるかもしれないが、この演奏のスケール感、迫力、娯楽性はそのまま感じ取れるのではないかと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード