スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドビュッシー:管弦楽のための夜想曲

ロスバウト指揮ケルン放送交響楽団他(ica)1952-55・CD

リアルで抽象的、即物的な演奏で、和声など音楽の微細な変化まではっきりさせた、肌触りのしっかりしたドビュッシーだが、ケルンのオケにしては十二分に良くできているものの、程よく突っ走るというか、ロスバウトの熟達した指揮のもと、拡大解釈的に走る感もあり、2楽章ではテンポがつんのめる寸前までいくなど普段のロスバウトでは考えられない「制御できない」状態が発生しており特徴的だ。しかしおおむね厳しく鍛えられているとは思う。「牧神」でも聴かれたロスバウトの職人的な巧さはドイツのローカリズムを超えて汎世界的に通用する一流のもの。必要な場面では南欧情緒も醸される、重厚単彩と思いきや独自の色彩感があってドビュッシーを演るのに不足はない。CDとしてはモノラル音源に無理して残響を加えた結果、かえって音場が狭く、真ん中に押し込められてしまったところに左右エコーがただ増幅されてくるだけ、という聴きづらい状態になってしまっており、残念。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。