スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドビュッシー:管弦楽のための夜想曲~Ⅱ.イベリア

ミュンシュ指揮ボストン交響楽団(DA)1961/9/29live

放送実況レベルのほぼ良好なステレオ。音を短く切り詰めてリズムを明確にする第一部は印象的。リアルな肌触りの演奏はその後も続き、ドビュッシーの仕掛けたトリッキーな音色の妙もしっかり聴こえる。第二部の官能的な夜の響きも精緻で、かなり録音撚れがあるのは残念だが良い。陶酔するような緩やかな起伏が心地よい。第三部もトランペットなど音を短く切り詰めて引き締まった演奏を志向するが、録音がやや悪くなるのと、客観的に整えた感があり、音量的な迫力や盛り上がりの作り方が足りず不満が残った。客席反応は普通。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。