スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーセル:バレエ音楽「蜘蛛の饗宴」

プレートル指揮フランス国立管弦楽団(ERATO/icon,warner)CD

この盤では「交響的断片」の副題が使われている。最初と最後の幻想的な響きは美しいのだが、蟻から蜉蝣の描写的表現はいささか灰汁が強い。荒っぽく力強く突き進み、リズミカルに浮き立つような舞踏表現はワルツ以外あまりうまくいっていないように聴こえる。僅かズレるような感覚があるのだ。あくまで交響詩的に捉えて聴くならばこれで良いが、ただでさえ野蛮主義の影響を受け始めたルーセルの重い響きにそのまま推進力を与えると、アタックの激しさこそ逆にプレートルらしいとも言えるが、このような少し濁った趣を醸してしまう。円熟期の作品であるバッカスが曲の趣旨に沿った佳演だけに、併せて収録されているこの少し遡った代表作にはこの作品向きの繊細な表現が欲しかった。録音は良い。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。