スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラヴェル:ボレロ

パレー指揮ORTF(DA/vibrato:CD-R/ina配信)1972live(1972/6/5放送)

vibratoは当時DA盤のコピーを何倍もの値段で出していたので、聴いてはいないがほぼ同じ演奏時間で同じ組み合わせの中にあるこれも、同じものだろう。音質は珍しくクリアなステレオで良好(パレーの放送音源はina.frに大量にある(ウンザリするほどある)。1972/4/12のシャンゼリゼライヴ説が濃厚で、ベルリオーズ「海賊」も演奏されたことからすると、それを含む全演目が1972/6/5放送として提供されており、同一と思われる)。高速軽量級、しかし数珠繋ぎの管楽器にはいささかのミスも手抜きもなく、緊張感と力感に娯楽性が同居したまさにフランスのトップオケによる胸のすくようなボレロ。軍楽隊の如きスネアと開放的な高音ブラス、不断のテンポはどこまでもクレッシェンドしていく音楽に弛緩の隙を与えない。SP時代を思わせる13分弱のボレロだが時計で整えたあちらとは質は全く違う。耳を離す気にならない、みんな同じであってもこの人の大量に残されているであろう(ina.frは目下6/5放送のひとつだけしか確認できない)ボレロ。全部聴きたくもなるものだ。いつも通り大ブラヴォ。DA盤は大拍手をアナウンサーが無残に断ち切りメニューインのベトコンに突入する。粘らないベトコンも良い(さすがにガチガチのベートーヴェンになると細部の音色や音程など気になる)。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。