オネゲル:オラトリオ「ダビデ王」(原典版)

○エダ・ピエール(Sp)コラール(Alt)デュトワ指揮スタジオ・アンサンブル、カイヤール合唱団他(erato/warner)1971/5・CD

原典版(但し語り付き)と銘打ちながら通常の交響詩篇と較べいささかの遜色なく聴けるのは豪華な布陣によるもの、以前に楽団と指揮者の力だと思う。元より素直に美しく仕上げられた(実際これだけの大曲にもかかわらず作曲期間は短い)オネゲルの出世作で、広く知られた一大叙事詩の各部は全て独立した音楽として効果的に成立し聴きやすく、死にさいしてのアレルヤコーラス(自伝によるとこのメロディを田舎の農夫が口ずさんでいるのを聴き成功を確認したそうである)のアピールする力はただでさえ凄いが、デュトワが素晴らしく曲の魅力を汲んでいわゆるフランス的な響きを決して崩さずに迫力あるドラマを組み立てていくさまは、未だ同曲の決定盤として伝えられるのも頷けるところである。ソリストや歌唱陣の充実がかつての定番であるボド、さらにオネゲル自身といった作曲家の監修の入った盤を上回る出来をもたらしているとも言える。拡散することなく全てはデュトワのもとにまとまっている。これを聴いて感銘を受けないならオネゲルの大曲は無理だと思う。そもそも、たぶん、交響的運動を除いてこれのみが、一般受けする作品だと思うのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード