スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第4番

ロジェストヴェンスキー指揮ロシア交響楽団(dirigent)2012/5/23live

スカスカでグズグズの冒頭から落胆。瓦解寸前。ソヴィエト末期以降スヴェトラーノフ時代にすでにそうであったのだがこのオケの弦楽の弱体化が今だ続いていることに、またそんな状態のオケをフォルムのハッキリしない莫大な表現、無理に整えたような緩いテンポで不格好に響かせようとする御大にも眉をひそめてしまう。ただ、攻撃的なリズムより叙情性に主眼を置いており、この曲にも通底するヴォーン・ウィリアムズの哀しく美しい響きが、緩徐部においてはよく捉えられ示されている。オケが弱いからテンポの遅い場面は丁寧に整えられているだけのようには感じるが、再びしゃっちょこばった三楽章の激しい音楽に入ると、6番でも出てくるのだが、少しジャズがかったRVWのスケルツォの附点音符付きリズムを巧く(管楽器は上手い)面白く聴かせてくる。これはライヴだからという面もあろう。三楽章からフィナーレは、精度は低いがロジェストヴェンスキーらしい「表現主義的解釈」を楽しめる。これは独自のものであり、米英独ではこんな(変な)演奏はありえない。休符はおろか詰まった音符の間にも風が通るような軋みは収まらないが、だいぶん解釈が板についてきてから、すれっからしとしては楽しくなる。大きなカタルシスは得づらいが刹那的な、細かい操作を楽しめるのは、弦の音色にはその残滓すら無いが、ロシアオケとのコンビならではのもののように思う。ひたすら大言壮語(やかましいということ)で長々しく続くので飽きるかもしれないが、曲に慣れていたら聴いていい演奏。慣れていないなら無難な英国のものを。敢えてテンポを落として整え横の流れを重視するというのは、バーンスタインに少し似ているかもしれない。拍手は少ないがブラヴォが入る。放送レベルの優秀録音。エアチェックらしく薄く砂ノイズは入る。5番というデータは誤り。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。