ラヴェル:ラ・ヴァルス

マルケヴィッチ指揮フィルハーモニア管弦楽団(COLUMBIA/HECTOR他)1952/9

狂乱のワルツ。冒頭から荒れまくるロシア節とバレエ指揮者としての見事なリズムで煽る煽る。オケが良く指揮者にぴたりとつけていく。技巧的にすぐれたオケでなければコウハかないし、多少羽目を外した揺らしやハスキーな発音も下品に聴こえない。統制はマルケだから厳しく、しかし崩壊に向かう終盤では音符の横の長さをしっかり取って響きをより壮大にぶちまけて、大見得切って終了。これは録音のふるさをおいておけば素晴らしい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード