スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲

フルニエ(Vc)チェリビダッケ指揮ORTF(ina配信)1974/10/28live

かつては映像があったようなのだが現在音源のみしか配信されていない模様。音質はまずまず。さらっとやわらかく、スピーディに始まるところで「あれ?これチェリだよね」と思わせる。この印象は音楽の起伏に従い多少は覆されるのだが、それにしてもがっちりしているとか丁々発止とかいう個性はなく、柔和にバックにつけている。完璧なバックだが、あくまで調和重視の姿勢だ。演奏精度の高さからチェリだとは思うのだが。フルニエはここではふるっていて、演奏はよくこなれフランス風の軽さをある程度感じさせはするが「音楽」を聴かせてくれる。オーソドックスに落ちることなく、地味でもなく、激しい場面で指がごちゃっとなるのもこのライヴでは目立っては一か所くらいしかなく(かといってフルニエが下手なわけではない、「普通に譜面を音にする」だけなら弾ける、「音楽にする」ための犠牲なのだ)全般におすすめできる雰囲気のある演奏なのだ。民族色のない演奏としては一流といってもいい。ただ、聴衆反応は慎ましやかである。ブラヴォもささやかなもの。それがこの曲の難しさでもあるのだろう、結局ロストロ先生のような演奏には敵わないのだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。